ドラゴンボール



ラディッツ「ふん!こんなゴミ相手にするだけ時間の無駄だな、カカロットの奴はとこだ?」ピピッ 

球磨川『へぇまるで本物みたいだねこれ』クイクイ 

ラディッツ「触るな!」ドギヤッ 

球磨川『!』ドゴーン 

ラディッツ「おっとうっかりしちまった、まぁいいか本来なら死んでいた人間だしな、さてカカロットは」 

球磨川『いきなり殴るなんて酷いなぁ』 

ラディッツ「なっ!?」

【ラディッツ「戦闘力1、ふんゴミめ」球磨川『それコスプレかい?』】の続きを読む

th (2)
1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2015/04/16(木) 08:07:09.53 ID:0iAAAfM3O
ウェイバー(やった?!成功したぞ?!) 

ウェイバー「ぼ、僕は『ウェイバー・ベルベット』だ。お前のマスターだぞ!」 

フリーザ「ホッホッホ、この私を召喚したのは貴方というわけですか」 

ウェイバー「お前の真名は何だ?その変な乗り物に乗ってるってことは一応ライダーなのか?」 

フリーザ「私の名は『フリーザ』。宇宙の帝王です。」
 
【フリーザ「問いましょう。貴方が私のマスターですか?」】の続きを読む

th
1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/05/17(火) 11:32:20.87 ID:NBbU680e0
※ラブライブ×ドラゴンボール  


まったり進行です。 

第一話 史上最強のほのキチ 



~第七宇宙某所~ 

ビルス「ふぁ~今日はよく仕事したなあ」 

ウイス「今までお仕事をさぼってなさったツケですからね…。久々にお仕事をなされてお疲れみたいですね。 
    これから地球に行ってブルマさんに美味しいものをご馳走してもらいましょうか?」 

ビルス「棘のある言い方だな。 まあ、美味しいものが食べられるならいいか。行くぞ」 

ウイス「はい、おつかまりください」ビューン 
 
【ビルス「ほう、これがμ’s…」】の続きを読む

このページのトップヘ