ゆるゆり

花子「さよなら撫子お姉ちゃん」 

待って、行かないでと言いたいのに声が出ない。 

櫻子「姉ちゃん、じゃあな」 

引き留めようとしても体が動かない。 

藍美穂めぐみ「バイバイ、撫子」 

みんな待ってよ、お願いだから一人にしないで――― 

ゆるゆり なちゅやちゅみ!+ (ブルーレイディスク) 【撫子「最近怖い夢を見る…」】の続きを読む

京子「というわけでやってまいりました!」 

櫻子「やったー。やってまいりましたー♪」 

京子「本日は、大室櫻子さんのお誕生日!」 

櫻子「わーい。うやまえー♪」 

京子「というわけで櫻子様ゲームを開催します!」 

櫻子「やったーーー」

【櫻子「櫻子様ゲーム♪」】の続きを読む

このおはなしは、 


向日葵「ずっと一緒に」 
の番外編と、その後日談です。 

ぜひ上記のものを先に読んでから、こちらもお楽しみください。

【櫻子「みんなで作る光のパズル」/向日葵「葉桜の季節」】の続きを読む

①:向日葵「櫻子と恋人になりましたわ」 

ちなつ「ねぇねぇ、向日葵ちゃん!」 

向日葵「はい?」 

ちなつ「恋人同士になってどこまで進んだの!?やっぱりキスとかしたの!?」キャー 

向日葵「はぁ…吉川さん、あなたは根本的な誤解をしていますわ」 

ちなつ「へ?」 


向日葵「櫻子が泣いて『大好きです!付き合ってください』というから、仕方なく付き合っただけですわ」 

ちなつ「そうなの?」 

向日葵「そうなんですの。だから、吉川さんが思っているような事には、絶対になりませんわ!」 

櫻子「仕方なくなの?」 

向日葵「ええ、そう。これは仕方なく………………って、櫻子!?」 

櫻子「へぇ~。向日葵は嫌々だったんだ」 

向日葵「い、いや、そ、そ、そんなことは…」 

櫻子「ばいばい。向日葵♪」 

向日葵「いやーーーーーー!謝るから捨てないで!櫻子ーーーー!!」 





ちなつ「すでに尻にしいてるとは…さすがだね櫻子ちゃん」 

あかり「さくひま、ひまさく短篇集、はっじまるよ~」 


① 終わり

【櫻子「さくひま、ひまさく短篇集」向日葵「櫻子と恋人になりましたわ」】の続きを読む

真夜中だった。 

どこからか、声が聞こえる。 

切羽詰まったような、まるで泣く寸前のような、そんな女の子の声だった。 


「待っててね」 


声の主は私の手を握っている。 

私は眠りに落ちていて、目を開けてその子の顔を見ることができない。 

けれどその温もり、その声はとても懐かしくて、私の心を安らかに落ち着かせるものだった。 


これは夢? 

あなたは誰? 

こんな真夜中に勝手に部屋に入ってきて、私の手を取って話しかけている、あなたは一体誰ですの? 


「すぐに、向日葵の所にいくからね」 


手から温もりが消える。 

部屋は静寂を取り戻し、人の気配は消えた。 

私の手は、少しだけ濡れていた。

【向日葵「ずっと一緒に」】の続きを読む

櫻子「咳をすると抱き付く薬?」 

西垣「誕生日だと聞いてな」 

櫻子「わーい。プレゼントー♪」 

西垣「偶然完成したんだが、爆発しなくてな。大丈夫、副作用として少し健康になるくらいだ」 

櫻子「ありがとうございます!」 

西垣「期限は約半日。そして使い方なんだが」 

西垣「例えば私が飲んで咳をしたとする、すると一番近い所にいる相手が、抱き付いてくるということだ」 

櫻子「ほへー」 

西垣「今だったら、咳をした瞬間に大室が抱き付いてくることになるな」 

櫻子「え?私、抱き付きませんよ?」 

西垣「わかった。もう一度説明しよう」

【櫻子「咳をすると相手が抱き付いてくる薬?」】の続きを読む

20160105020429
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/07/25(金) 08:21:12.58 ID:hKh5FAg5o
7月24日 
ごらく部室(茶道部室) 

京子「えー、本日は皆様、『第五回赤座あかり誕生祭』にお越しいただきありがとうございます!」 

ちなつ「おおげさですねー京子先輩」 

京子「そりゃあ、まあ、一年に一回のあかりが主人公の日だからな」 

あかり「えっ! 誕生日以外あかりは主人公じゃないの!?」 

結衣「にしても毎年毎年凝った内装だよな……」 

綾乃(うう、何回来ても慣れないわね)ドキドキ 

千歳「綾乃ちゃん緊張しすぎやでー。今日の主役は赤座さんやろ」 

綾乃「わ、わかってるわよ。そんなこと!」 

向日葵「それにしても毎年本当にすごいできですわね。さすが歳納先輩ですわ」 

櫻子「私のことを忘れていやいませんかね? ひまわりさんよー」 

向日葵「……櫻子はどの辺をやりましたの?」 

櫻子「テーブルふいた」 

向日葵「…………」 

櫻子「あ、あれだ。掃除機もかけたぞ」 

向日葵「…………はぁ」 

櫻子「おいこらなんだそのため息は!」
 
【あかり「みんな、ありがとう!」】の続きを読む

1D2Q1
1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2016/01/21(木) 00:28:24.93 ID:QzEJjgNOo
櫻子「……暇だなー」ごろん 


櫻子「暇だ暇だ、あー暇だ」ごろごろ 


櫻子「ひ~~ま~~」 


櫻子「ひまひまひまひま! ひま! ひまっひ! まひまひ! ひまひまひ!」 


櫻子「…………」 


櫻子「もー! こんだけ暇だって言ってんだから何か起これよ~~!」ばんっ 


がちゃっ 


撫子「ちょっと、うるさいんだけど。そんなにひま子が好きならひま子ん家行ってくればいいじゃん」 

櫻子「ちげーわ! 退屈で暇だって言ってんの!」 

撫子「じゃあどっちにしろひま子と遊んでくればいいじゃん」 

櫻子「なんで私が貴重なお休みの時間を使って向日葵なんかと遊ばなくちゃいけないの……」 

撫子「貴重なお休みの時間をひまひまひまひま言うだけで浪費してるよりマシでしょ」 
【あかり「永遠のゆるゆりSS」】の続きを読む

このページのトップヘ