姉・妹

男「そうだろ。じゃあ、食べてみようか」ニコッ 

妹「わたしだけ食べてもいいの?」 

男「サービスだ」 

妹「わーい」ピョンピョン 

男(かわいい) 

ヨスガノソラ 春日野 穹-Bunny Style- 【男「妹よ、これが恵方巻きだ」ボロン 妹「おいしそー」】の続きを読む


妹「って設定でSS書こうと思うんだけど」 

兄「またか……」 

妹「そう、また」 

兄「毎度いきなり俺の部屋にノックもなしに入って来て」 

妹「それでね」 

兄「待て待て」 

妹「なに? お兄ちゃん」 

兄「いや待ってくれ。なに? 勇者?」 

妹「そう。勇者とか魔王とか流行ってるし」 

兄「……まぁ最近の流行に乗ろうとしたのは分かる、確かに流行ってるしな」 

妹「でしょ」 

兄「だけど流行のビッグウェーブに乗りすぎじゃないか?」 

妹「私は華麗にビッグウェーブを乗りこなしてみせる!!」 

兄「なんか乗ってるというより、しがみついてるように見えるんだが」 

妹「うっ……」 

【妹「お兄ちゃんは勇者で私はお姫様」】の続きを読む

妹(みたいな事したいなぁ……) 

妹(あぁ…お兄ちゃんの性奴隷になりたい……) 

妹(お兄ちゃんにエッチな命令されて羞恥に打ち震えたい……) 

妹(しかしお兄ちゃんはわりと弱気だからなぁ……アタシの方からアプローチしないとダメかな……)

【兄「抵抗するなよ」妹「イヤ…やめてよ……」】の続きを読む

姉「は?」

妹「私のこと、改造したんでしょ?」

姉「いやいやいや、何をおっしゃっておりますか?」

妹「知ってるんだから、隠さなくてもいいんだよ」

姉(しちめんどくさい)

姉「あー……うん、その通り! よくわかったな!」

妹「やっぱり……」

姉「はっはっは、マッドサイエンティストのお姉ちゃんにかかればちょちょいのちょいよ!」

妹「やっぱり、私は明日爆発してしまうのね!?」

姉「!?」

妹「うわぁぁぁん!!」ダッ

姉「ちょっ、待てよ……ってどっか行っちまった、まあいいか」

姉「まったく、何に影響されたんだか……」 

【妹「改造された」】の続きを読む

兄「うっく…」

妹「どう?気持ちいい?お兄」シュッシュッ

兄「あ、あぁ…うあ」ビクン

妹「そろそろかなー?」ギュー

兄「あ!うっくう!」ビュル!ビュルル!

妹「あは、今日もいっぱい出たね」 

【妹「お兄を手コキでイかせるのが日課です」シュッシュッ】の続きを読む

兄「うー寒い寒い、朝はやっぱ冷えるなあ…」 

妹「あ、おはようございますお兄様」 

妹「珍しく早起きですね?」 

兄「たまたまだたまたま」 

兄「それより妹、火をくれ火を」 

妹「わかりました、私の指の近くにどうぞ」 

兄「おう」 

ボッ 

兄「あーあったかい、やっぱ便利だなこれ」 

妹「お役にたてて何よりです」 

妹の指先からは火が出ている。 

ライターとか使ったわけでも、マッチとか擦ったわけでもない。 

こいつは念ずるとどこにでも火を放てる。 

なぜかって? 


それはうちの妹が超能力者だからだ。

【兄「妹にはやっぱ爆発だな」】の続きを読む

男「......は?」 

妹「はやく!」 

男「なにいってんの」 

妹「お尻叩いて!」 

男「そういうことじゃなくて、なんでこんなこと言い出した?」 

妹「お尻叩かれたいからだよ!」フリフリ 

男「......」 

男(......話にならない)

【妹「お尻叩いて、お兄ちゃん!」ペロン】の続きを読む

妹「わたしが寝ているときにして」 

男「......は?」 

妹「あと処女だから入れるのはなしで」 

男「なにいってんの」 

妹「というわけでもう寝るからよろしく」スタスタ 


ガラッ 


男「......」 

男「えっ」

【妹「わたしの身体を使ってオナニーしていいよ」】の続きを読む

このページのトップヘ