春香「海苔巻きですよ、海苔巻き!!」 

千早「綺麗に巻けたら楽しいわね」 

美希「眠いの…あふぅ」 

やよい「うっうー!もやしを巻いてもよさそうですー!!」 

アイドルマスター 1 (完全生産限定版)

貴音「すぅぷに浮かぶ海苔もまたらあめんの醍醐味、更に海苔と一緒に食す麺の種類も拘るときりがない…らあめん…とても奥ゆかしい」 

響「今更かもだけど貴音はラーメンの事しか頭に無いのか?」 

律子「考えてみれば色々なものに入ってるわね、海苔って」 

雪歩「手巻き寿司とか皆でやると凄く楽しいんですぅ」 

亜美「うあうあ→!今ゆきぽんキュってしたYO!!」 

真美「うんうん!キュってしたね→!!!」 

小鳥「真美ちゃんアウトー」 

真美「うあうあ!!!照明の罠だYO!!!亜美にハメられた→!!」 

P「孔明な」 

伊織「あーもう!!なんなのよこれ!!」 

あずさ「冷静に考えると海苔の話にも限界があるわね〜」 

真「ねぇじゃあボクのお姫様計画について皆で話し合ったりとか 

雪歩「真ちゃんはカッコ良くないとダメですぅ!!!」 

小鳥「雪歩ちゃんアウトー」 

雪歩「はうぅ、こんなダメダメな私は穴掘って埋まってますぅ…」 

P「真美に続き雪歩もか」 

春香「あはは…でも真は本当乙女だもんねぇ。真の真の姿は乙女なりぃ!!な〜んちゃって」 

千早「ぷふっ…真の…マコトノスガタ…ふふふっ」 

P「千早、アウト!」 

千早「はぁはぁ、春香、恨むわよ」 

春香「のワの」 

小鳥「春香ちゃん攻めるわね。でもはるちは……至高ね」

美希「あのね、ミキ的には今のままの真くんでいいと思うな」 

やよい「なんだか話についていけないけど真さんはかわいいですよー!!」 

貴音「世の殿方の求める可愛さと、真の理想は少しズレているのかもしれませんね」 

響「猫とか動物の可愛さを参考にするとかどうだ!?」 

律子「大事故になりそうね、それはそれで」 

亜美「でもでも→動物を真似るってのはいいんでな→い??」

伊織「いいのかしら、真に猫とかうさぎとか可愛らしい小動物イメージがあるとは思えないんだけど」 

あずさ「動物なら強いイメージのものかしら〜?ライオンとか〜虎とかそれともチーター?」 

真「あ、あずささん!ボクをなんだと思ってるんですか!!」 

春香「確認してみればいいんですよ!!例のやつ、例のやつですよ!!」 

真「よーし……きゃっぴぴぴぴぴ〜ん!菊地真ちゃんナリよ〜!!まっこまっこにゃーん!!!」 

P「真、アウト」 

真「な、なんでですか!!!可愛いじゃないですか!!!っていうか春香!ズルいぞ!!!」 

春香「のワの」 

小鳥「はるまこですって!?」 

美希「あんなの真くんじゃないって思うな」 

やよい「なんか皆たくさん考えててすごいですねー!!私ももっと頑張らないとー!!!」 

貴音「ということで、皆でらあめんでも食しに行こうではありませんか」 

響「完璧な自分でも貴音のラーメンへの情熱だけはわからないぞ…」

律子「臓器の作りから違うのかしら…何処にあれだけの量が入るのかすら解らないし…」 

亜美「ちかたないなーりっちゃんは!亜美が謎を解き明かしてあげるYO!兄ちゃんの名にかけて!!」 

P「亜美、アウト」 

亜美「ええっ!?兄ちゃんそれはおかしいってば!!!」 

小鳥「限りなくグレーに近い黒ね」 

伊織「アホな事やってないで、ほら!あずさ!!次の議題を決めなさいよ!!」

あずさ「えぇ〜そんな急に言われても困っちゃうわ〜」 

小鳥「あずささん、アウトー」 

あずさ「あ、あらあら〜」 

P「勢いに押された感はありますね」 

春香「アイドルとは!?とかどうかな!?」 

美希「何で春香はそんなにノリノリなの?まぁでもミキ的にはやっぱりキラキラ出来るのが一番なの、あはっ☆」 

やよい「春香さんはどういうふうに考えてるのかも気になりますけど、私は元気な姿を見てもらうのが一番かなーって」

貴音「程度はあるでしょうが皆それぞれの思いを胸に秘めてるのですね。真、良き事です」 

響「スタッフにも愛される!とかも自分は大事だと思うぞ!!」 

律子「俗世には興味ないわ!とか言い出しそうな子も居るけどね、ねー伊織?」 

伊織「なんでよ!!なんなのよそのイメージは!!!大体私がアイドルになった理由をあんた達知って……あ」 

P「伊織、アウト」 

伊織「律子にしてやられたわね」 

小鳥「いおりんの悔しそうな顔マジ最高」 

春香「あっ、じゃあ皆の好きな食べ物はなーんだ!?美希からね、はい!」 

美希「いちごババロアなの、おにぎりの具にしたら多分無敵なの」 

やよい「うっうー!もやしも好きですし月に一回のちらし寿司も……うー迷っちゃいます……」 

小鳥「やよいちゃん、アウトー」 

やよい「やっぱり考えながら話すのは難しいかなーって」 

P「やよいは賢いなぁ」 

貴音「あえてここは芳醇な香りとこくのある味噌、いやさっぱりとしていて後味も良い素材の味が活きる塩、そしてやはりしんぷるながらも作り手によって様々な形をおりなす醤油も、更に濃厚な味ではありますが癖になる味わいの豚骨、メンカタカラメヤサイダブルニンニクアブラマシマシでお馴染みの二十ろ 

響「長すぎるぞ!!!!ラーメンの一言で済むだろ!!」 

小鳥「響ちゃん、アウトー」 

響「うがー!!!自分は悪くない!!自分は悪くないぞこれは!!!」 

P「正直止めてくれて助かった」

律子「あんた達、コントやってるんじゃないんだから…でもそうね、私もラーメンは好きよ」 

春香「よく事務所でも食べてますもんね、カップラーメン」 

P「春香、アウト」 

春香「あっ!!今の無し、今の無しですよプロデューサーさん!!」 

小鳥「春香ちゃんは受けより攻めの方がいいのかしらね」 

美希「あっミキ的にはね、貴音はちょっと食べ過ぎだから食事制限した方がいいと思うの」 

貴音「なっ!?それは私にとって死を意味するものです!!いけません、いけませんよ美希!」 

小鳥「貴音ちゃん、アウトー」 

貴音「面妖な…」 

P「制限させれる気がしないよ」 

律子「あーこればかりはプロデューサー殿でも無理ですよねぇ」 

美希「えっとね、ハニーは頑張ってるって思うな!美希をキラキラさせてくれるのはハニーだけなの!あはっ☆」 

律子「ハニーはやめなさいっていつも言ってるでしょ!!!」 

美希「しょうがないと思うな!ハニーはハニーだし!!律子は厳しすぎると思うな!」 

律子「何回も言うように、さんをつけなさい、さんを」 

美希「ぐぬぬ…」 

小鳥「美希ちゃんアウトー」 










美希「をって酷いと思うの!!!!」 






P「んで、このノリはなんだったの?」 

春香「プロデューサーさん!しりとりですよ、しりとり!!」 

最後に「ん」がついたら負け 
順番を無視しても負け 
一回途切れたら「あ」からスタ→ト 
Pと小鳥は審判 

もっと煮詰めたら良かったかなぁとか思ったりしないことも無いですね 
HTML依頼出しときます 


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442187143/