赤城「はい。聞き慣れない音が…」 

提督「ネズミでも出たのか?ただの資源しかない倉庫に…」 

赤城「いえ、それとは違う感じでした」 

赤城「もっとこう…ネズミより大きいものが動くような…」 

提督「ふーん…で、それはいつの話だ?」 

赤城「ついさっきですよ。ちょっとボーキをつまみ食いしようと思って立ち寄ったら…」 

提督「ちょっと待って何言ってるの君」

ミディッチュ 艦隊これくしょん-艦これ- 赤城

提督「…まあ、それはいいとして…」 

提督「とりあえず様子を見に行ってみるか。何か住み着いてたら大変だ」 

赤城「そうですね。ボーキが食い荒らされたりでもしたら…」 

提督(それをやろうとしてたのはお前だろ…) 


倉庫 


提督「で、来たわけだが」 

シーン 

提督「何も聞こえんぞ」 

赤城「あれ…?」

提督「聞き間違いだったんじゃないのか?」 

赤城「そんな!違いますよ!」 

赤城「はっきり聞きました!ガタゴトって音を!」 

提督「うーん…そういわれてもなあ…」 

赤城「提督は私が嘘をついたとおっしゃるんですか!?」 

提督「いやそんな」 

赤城「私が嘘つき空母の妖怪ボーキーって提督も言うんですか!」 

提督「いや言わねぇよ…て言うかなんだそれ」 

赤城「加賀さんが付けてくれたあだ名です」 

提督「お前と加賀の間で何があったんだよ!?」

提督「とにかく、何もないようだしもう戻って…」 

ガタゴト 

提督「!!」 

赤城「ほら!しましたよ!音!!ほらほら!!」グイグイ 

提督「あーもううるせえな!悪かったよ!」 

提督「とにかく音がしたところへ行ってみるぞ!」ダダダ 

バッ 

シーン 

提督「あれ?なにもいない…」 

赤城「変ですね…確かに音がしたんですが」

提督「気のせい…なわけないよな」 

赤城「二人とも音を聞いたわけですからね」 

提督「ということは逃げられた?」 

赤城「かなり素早いということでしょうか…」 

ガタゴト 

提督「!!こっちだ!」ダダダ 

バッ 

シーン 

提督「…やっぱり何もいない…」 

提督「一体何なんだ…?」

提督「赤城、偵察機を飛ばせるか?」 

赤城「かなり厳しいですね…倉庫はそこまで広いわけでもないですし、薄暗いです」 

赤城「何より障害物が多いので、あまり効果はないかと…」 

提督「なるほど…わかった」 

提督「じゃあ、どうするか…」 

ガタゴト 

提督「!!」 

赤城「提督、あっちです!」ダッ 

提督「待て赤城!」 

赤城「えっ?」ピタッ 

提督「様子を見ろ…奴の出方を見るんだ…」

提督「…」 

赤城「…」 

シュバッ 

提督(!何か小さいものが走り抜けていった!?) 

提督「よし赤城、あっちだ!」ダダッ 

バッ 

シーン 

提督「くっ…」 

赤城「ダメでしたね」

赤城「…提督、どうします?」 

提督「…ここは、いったん引こう」 


廊下 


提督「遠目から見た感じだと…大きさは大きめの猫とか・・・イタチくらいの大きさだったな」 

赤城「やはり、住み着いたんでしょうか?」 

提督「まあ、食糧庫じゃないから荒らされるってことはないと思うけど…」 

提督「それでも糞尿を撒き散らされたりしたらかなわん」 

赤城「じゃあ、捕まえるしかないですが…」 

提督「どうやって捕まえるかが、問題なんだよな…」

赤城「自然に出て行ってくれたりしないでしょうか?」 

提督「本当に住み着いてるんだったら、それは難しいだろうなぁ…」 

ドンッ 

提督「うおっ」 

叢雲「うわっ!」 

提督「!す、すまん叢雲。大丈夫か?」 

叢雲「ちょ、ちょっとあんた!気をつけなさいよ!」 

提督「悪い悪い」 

叢雲「まったく…」 

提督「…ん?」

提督「なあ、叢雲」 

叢雲「何よ」 

提督「その、手に持ってる袋は何だ?」 

叢雲「!!べ、別になんだっていいでしょ!」 

叢雲「じゃ、じゃあ私は行くから!」スタスタ 

提督「…」 

提督「あっちの方向は…」 

赤城「提督?」 

提督「…赤城」 

提督「もう一つ、可能性があった」

倉庫 


叢雲「…」 

叢雲「…」キョロキョロ 

叢雲「…」コソコソ 

叢雲「おいで」 

???「…」ペタペタ 

叢雲「よしよし・・・いい子にしてたね」 

叢雲「ほら、小魚…たんとお食べ」スッ 

???「…」モグモグ 

バッ 

叢雲「!?」 

提督「そこまでだ!残念だったな!」バーン

叢雲「あ、あんた、何でここに!?」 

提督「それはこっちのセリフだ!」 

提督「さあ、そいつを渡してもらおうか!」 

叢雲「くっ…逃げて!」 

???「…」ダダダ 

提督「今だ!赤城!」 

赤城「とうっ!」シュタッ 

叢雲「なっ!?一体どこから…」 

赤城「フフフ…私は誰よりもこの倉庫に来て、誰よりもここの構造を知っています…待ち伏せには苦労しません」 

提督(じゃあ最初からやれよ…っていうかどんだけつまみ食いしてんだよ…)

提督「さあ、これで逃げ場はない…観念するんだな」 

叢雲「くぅっ…」 

赤城「じゃあ、捕まえて…ん?」 

提督「どうした、赤城?」 

赤城「提督、この子…」ヒョイッ 

提督「何だ?…って、え!?」 

イ級「…」 

提督「こ、こいつ、駆逐イ級!?」

イ級「…」ブラブラ 

提督「で、でも小さい…やはり、猫くらいだ」 

赤城「幼体…といったところでしょうか?」 

提督「そんなのがいたのか…」 

提督「…で、どういうことだ?叢雲」 

叢雲「…」 

叢雲「…この間、遠征から帰ってたら、海岸の岩にしがみついてて…」 

叢雲「かわいそうだったから、連れて帰ってきて、ここに…」

提督「…なるほどな」 

提督「まあ、確かに気持ちはわかるし…」チラッ 

イ級「…」ブラブラ 

提督「今のところ、害はなさそうだ」 

叢雲「!じゃ、じゃあ、ここにいさせても…」 

提督「ダメだ」 

叢雲「…!」

提督「こいつは、駆逐イ級の幼体ってことでいいんだな?」 

叢雲「…多分、そうだと思うわ」 

提督「だったら、成体になった時、どうする?」 

叢雲「…」 

提督「いつも見る、あのくらいの大きさになって、凶暴になるかもしれない…」 

提督「いくら駆逐艦一隻でも、鎮守府のど真ん中で暴れられたら被害は小さくないだろう」 

提督「そういう危険を、そいつは孕んでるんだ」 

叢雲「…」

叢雲「…危険なのは、わかるわ」 

叢雲「…それでも」 

叢雲「それでも…ダメ?」 

提督「叢雲…気持ちはわかるが、犬や猫を飼うのとはわけが違うんだ」 

提督「だから…」 

叢雲「だって!」 

提督「!」 

叢雲「だって…」 

叢雲「かわいそうじゃない…」

叢雲「この子…こんなに小さいのに…」 

叢雲「たった一人で…岩にしがみついてまで、生きようとしてたのに…」 

叢雲「そこで、助かったと思ったのに、殺されちゃうなんて、あんまりじゃない…」 

叢雲「いくら敵でも、戦う意志も持っていない相手に、そんなの…」 

提督「…しかし」 

赤城「…いいんじゃないですか?提督」 

提督「赤城…?」

赤城「深海棲艦の幼体なんて、聞いたこともありません」 

赤城「このまま経過を見れば、何か新しい情報が得られるかもしれません」 

赤城「何か重要なことがわかるかも…」 

提督「たしかに、そうだが…」 

赤城「それに」 

提督「?」 

赤城「私も、この子が愛らしく思えてきました」 

イ級「…」トテチテ 

提督「…まったく…」

提督「叢雲!」 

叢雲「!」 

提督「一週間!」 

提督「まずは一週間、様子を見る!」 

提督「それで危険がないようであれば、今後も考えよう」 

叢雲「じゃあ…!」 

提督「ただし!少しでも危険な素振りがあったら、アウトだ…」 

提督「いいな?」 

叢雲「…ええ、わかったわ」

提督「あと、このことは公にしない。面倒はお前が見るんだぞ」 

叢雲「わかったわ」 

提督「じゃあ、俺は執務室に戻るからな」スタスタ 

叢雲「ええ…」 

叢雲「…ありがとう」ボソッ 

提督「ん?何か言ったか?」 

叢雲「う、うるさいわね!早く帰りなさい!」 

提督「はいはい」

叢雲「…よかったわね…」ナデナデ 

イ級「…」ナデラレ 

赤城「よかったですね、叢雲さん」 

叢雲「赤城さんも、ありがとう…説得してくれて」 

赤城「いえ、私も興味があったので・・・」 

叢雲「え?」 

赤城「イ級ってどんな味なのか…」ジュルリ 

叢雲「…」フルフル 

イ級「…」フルフル 

赤城「…冗談ですよ?」

一日目 

叢雲「よしよし…」ナデナデ 

イ級「…」ナデラレ 

提督「よう、どうだ?」 

叢雲「あら、来たの」 

提督「そりゃ、ああ言った手前、様子見ないといかんからな」 

提督「で、どうなんだ」 

叢雲「見ての通りよ。問題ないわ」 

イ級「…」

提督「…そうだな。昨日と変わらん」 

イ級「…」トテチテ 

提督「…そういえばこいつ、どうやって動いてんだ?」 

提督「後期型みたいに足があるわけじゃなさそうだが…」 

叢雲「なんか尾びれのあたりのでっぱりで動いてるみたいよ」 

叢雲「未発達な脚みたいな…」 

提督「え!?それであんな素早い動きしたの!?」 

叢雲「そういうことね」 

提督「何て野郎だ…」ゴクリ 

イ級「…」トテチテ

二日目 

提督「よーっす、どうだー?」 

叢雲「ええ、問題ないわ」 

イ級「…」スヤスヤ 

提督「…これは…寝てる、のか?」 

叢雲「そうみたいよ。目を閉じないのが怖いけど…」 

提督「なんか浜辺に打ち上げられた魚みたいだな…」 

イ級「…」スヤスヤ

提督「深海棲艦も寝るんだな…」 

叢雲「まあ、一応私たちと同じようなものみたいだし…」 

叢雲「生き物だから、睡眠は必要なんじゃないかしら」 

提督「そうだな…うりうり」ツンツン 

叢雲「あ、あんまりつつかない方が…」 

イ級「…!」ガブッ 

提督「ギャアアアアアアアアアアア!!!」

叢雲「ああもう、言わんこっちゃないわ!」 

イ級「…!」ガブガブ 

提督「いやああああああああああ!!!」 

叢雲「ほら、離しなさい!」グイグイ 

イ級「…」ガパッ 

提督「はぁ…はぁ…」 

叢雲「まったく…大丈夫?ほら見せて…」 

提督「ぎゃああああああああああああ!!!」 

叢雲「…え?」 

叢雲「い、いやああああああああ!!!手首がああああああああ!!!」 

提督「僕の、提督の力があああああああああああ!!!」

叢雲「冗談言ってる場合じゃないでしょ!」 

叢雲「早く明石さんを…って、艦娘じゃないから無理か…」 

叢雲「ああもうどうしたら…!」 

提督「叢雲、叢雲」ツンツン 

叢雲「何よ!あんたも自分のことなんだからもっと…」クルッ 

提督「ばぁっ」ニョキッ 

叢雲「…」 

提督「…」 

イ級「…」 

叢雲「オラァ!」ゴスッ 

提督「グバベラッ!?」

提督「な、何をする!」 

叢雲「なに『ローマの休日』みたいなことしてんのよ!」 

提督「え、いや、するしかないかなって…」 

叢雲「こっちは本当に心配したんだから!」ポカポカ 

提督「ははは、すまんな」ゴスッゴスッ 

提督「ところでちょいちょい入る的確な蹴りは勘弁してもらえませんかね」ゴスッゴスッ

叢雲「…で、実際どうだったの?」 

提督「いや、実は全く痛くなかった」 

提督「甘噛みってやつかな。かなり弱い感じだったぞ」 

提督「んで、なんかイ級に『露骨に痛がれ』って言われた気がした」 

叢雲「んなバカなことが…」チラッ 

イ級「…」ニヤリ 

叢雲(…心なしかニヤついてる気がするわ…) 

提督「まあ焦る叢雲が見れたわけだしこちらとしては良いものが得られたというか」 

叢雲「ウラァ!」ドカッ 

提督「ゴブハッ!」

三日目 

提督「…」ススス 

叢雲「…何よ」 

提督「…まだ怒ってんの?」 

叢雲「別に」フンッ 

提督「おいおい…」 

提督「…で、様子はどうだ?」 

叢雲「…いつも通りよ」 

イ級「…」モグモグ

提督「む、食事中か」 

提督「…そういえば、こいつには何を与えてるんだ?」 

叢雲「小魚よ。釣ったやつ」 

提督「お前釣りなんてできたのか…」 

叢雲「釣りくらい誰だってできるわよ。他の子たちだってよくやるのよ?」 

提督「ふーん…」 

提督「他に食わせようとは思わないのか?」 

叢雲「そうね…何食べるかわからないからとりあえず小魚ばっかり食べさせてるけど…」 

叢雲「他によさそうなものがないか試してみるわ」 

提督「ああ。そうだな」 

叢雲「とりあえず、あんたの手首なんてどうかしら?」 

提督(やっぱり怒ってるじゃないか…)

バンッ 

提督・叢雲「!!」 

提督「まずい、誰か来た!」ヒソヒソ 

叢雲「ど、どうしよう…」ヒソヒソ 

提督「とりあえず、お前はイ級と隠れてろ。俺が適当にやり過ごす」ヒソヒソ 

叢雲「ええ、お願い」ヒソヒソ 

提督「…」スタスタ 

叢雲「…」ジッ 

イ級「…」 

提督(…一体、誰が来たんだ…?) 



赤城「ここで魚が食べられると聞いて!」 

提督「帰れ!」

四日目 

叢雲「おいでー」 

イ級「…」ダダダ 

提督「…そういえば、こいつは言葉わかるのか?」 

叢雲「そうね…わかってるんじゃないかしら」 

叢雲「私が言ったことには大抵従ってくれるし…」 

提督「じゃあ、こいつの言いたいことがわかれば、コミュニケーションもとれるかもしれないのか…」 

叢雲「ああ、そのことなんだけど…」 

提督「?」

叢雲「一昨日、あんた、『露骨に痛がれ』って言われた気がしたって言ったじゃない」 

提督「確かに言ったが…それがどうした?」 

叢雲「昨日、私も同じようなことがあったわ」 

提督「!どういうことだ?」 

叢雲「あんたと赤城さんが帰ったあとなんだけど…」 

叢雲「この子のごはんについていろいろ考えてたら」 

叢雲「『たまには野菜が食べたい』って言われたような気がして…」 

提督「意外と健康志向なんだな」 

提督「っていうか野菜食うのかこいつら…」

叢雲「それで、今日会話ができるかどうか試そうと思ったんだけど…」 

提督「なるほど…」 

提督「なあイ級。茄子ときゅうり、どっちが食いたい?」 

イ級「…」 

提督「…そうか、茄子か」 

叢雲「え?会話できたの?」 

提督「そうだな。お前にはわからなかったか?」 

叢雲「ええ、まったく」 

提督「そうか…」 

提督「仮説だが、こいつらは脳に直接伝えるようなコミュニケーション能力をもってるんじゃないか?」 

提督「でも、その対象は一度に一人だけとか…」 

叢雲「なるほど…深海棲艦の能力ってことね」 

提督「まだ仮説の域を出ないが…本当だとすると、謎がさらに深まるな…」

五日目 

提督「ほうほう、なるほど」 

イ級「…」 

提督「へえ、そうなのか」 

叢雲「…なに仲良く会話してんのよ」 

提督「お、来たか叢雲。遅かったじゃないか」 

叢雲「茄子を探してて…」 

叢雲「っていうか、あんたあんだけ危険視してたのに、なに仲良くなってんのよ!」 

提督「いやぁ、話してみるとなかなか面白いやつだ」 

提督「昨日は深夜の倉庫で一人肝試しをしてたそうだ」 

叢雲「何やってんのよ本当に…」

イ級「…」 

提督「ん?どうした?」 

イ級「…」 

提督「…ほうほう」 

提督「いいじゃないか」ニヤリ 

叢雲「何何?何の話よ?」 

提督「いや、お前には関係のない話だ」 

叢雲「何よそれ…」 

提督「ああそうそう、明日は海藻サラダが食いたいそうだ」 

叢雲「とうとう料理になった…」

六日目 

叢雲「おいでー、おいでー」 

叢雲(…変ね、いつもならすぐ来るのに…) 

ガタッ 

叢雲「!!」 

提督「…」 

叢雲「ああ、何だあんたか…どうしたの?」 

赤城「…」 

叢雲「赤城さんまで・・・どうしたのよ、暗い顔して」

提督「…叢雲」 

叢雲「な、何よ」 

提督「世の中にはな、どうしようもないことがあるんだ…」 

叢雲「だから、何なのよ!」 

赤城「すみません、提督、叢雲さん…」 

赤城「私が、衝動を抑えきれなかったせいで…」 

提督「赤城のせいじゃない…」 

提督「俺が、お前を止められなかったから…」 

叢雲「な、何よ…本当に、どうしちゃったの…?」 

叢雲「あと…その手に持ってるの、何…?」 

提督「叢雲…覚悟して、見るんだ…」スッ 

叢雲「え…?」 




イ級だったもの「」 

叢雲「い、いやああああああああああああああああ!!!!」

叢雲「ど、どうして…!」 

赤城「どうしても、好奇心と食欲に勝てなかったんです…」 

提督「すまん叢雲、それだけしか残らなかったんだ…」 

叢雲「そ、そんな、嘘でしょ!」 

叢雲「嘘だって言ってよ!ねえ!!」 

提督・赤城「本当に申し訳ない…」 

叢雲「いやああああああああああああ!!!」

叢雲「うう…ぐすん…」 

チョンチョン 

叢雲「…」 

チョンチョン 

叢雲「ああ、もう!!何よ!」バッ 


イ級「…」パパパパッパパー 

叢雲「…」 

叢雲「…え?」

提督「やーいやーいひっかかったー」 

赤城「わーいわーい」 

イ級「…」ピョンピョン 

叢雲「…え?」 

叢雲「ちょ、ちょっと!どういうこと!?」 

提督「ドッキリだよ。イ級提案の」 

叢雲「ドッキリって…!」 

赤城「意外といたずら好きなんですね、この子」 

提督「ああ。なかなかいい趣味をしている」 

叢雲「じゃあさっきのは…」 

提督「無論、作り物だ」 

叢雲「…」

叢雲「…」ゴゴゴゴ 

提督「あ、あれ?」 

赤城「あの、叢雲さん?」 

叢雲「あ・ん・た・ら…」ゴゴゴゴ 

叢雲「いい加減にしろー!!!!」ドゴォ 

提督・赤城「本当に申し訳ない!!!」ドガッ 

イ級「…」ピョンピョン

七日目 

提督「さて、今日で最終日だが…」 

叢雲「今日も異常なしよ」 

イ級「…」ゴロゴロ 

提督「よし、じゃあOK。はい終わり」 

叢雲「はやっ!あんだけ渋ってたのに!」 

提督「だって、コイツ、イイヤツ…」 

叢雲「なんで片言なのよ…」

提督「まあ、冗談はさておき…」 

提督「俺もお前と一緒に見てきたが、こいつからは危険を感じなかった」 

提督「仮に大きくなったとしても、自発的に危害を加えるようには思えん」 

提督「問題はないと思う。だから許可する」 

叢雲「そう…私としてはいいけれど」 

提督「…だが」 

叢雲「?」 

提督「…当然、危害を加えられそうになったら、止めないといかん…」 

提督「その場合は…わかるな?」 

叢雲「…」 

叢雲「…ええ」

提督「さて、飼うことが決まったからには、いろいろ考えんといかんな」 

赤城「そうですね…場所もずっとここ、というわけにはいかないでしょうし…」 

提督「まあしばらくはここでいいだろ」 

提督「あと、鎮守府のみんなにはこのことを公開する」 

叢雲「え?大丈夫なの?」 

提督「まあここには秘密を漏らすようなやつはいないし…大丈夫じゃないか?」 

提督「さすがに大本営には報告できんが…」 

赤城「えっ…提督って情報隠蔽するような人だったんですか…」 

提督「いや、仕方ないだろ…上に知られたら何されるかわからん」 

赤城「ふふ、冗談ですよ」

叢雲「あと、名前決めないと」 

提督「確かに…ずっとイ級だと、愛着も湧きにくいし…」 

叢雲「やっぱり、イ級だから『イ』がつく名前がいいかしら」 

赤城「イ…イ…イーノック?」 

叢雲「慢心しそう」 

提督「イク?」 

叢雲「もういる」 

赤城「いぶりがっこ?」 

叢雲「それ漬物」 

提督「イルーゾォ?」 

叢雲「許可しなさそう」

叢雲「ああもう!ネーミングセンスのかけらもないのかあんたらは!」 

提督「じゃあ叢雲考えろよーブーブー」 

赤城「そうですよーブーブー」 

イ級「…」 

叢雲「そうねぇ…イ…イ…」 

叢雲「…イ太郎?」 

提督「はい、安直な名前いただきましたー」 

赤城「桃太郎と同レベルですね」 

叢雲「う、うるさい!いいでしょ別に!」 

提督「お前もネーミングセンスねーじゃねーか!」 

提督「こいつだってそんな名前で…」 

赤城「…いえ、提督…」 

提督「ん?」 

赤城「喜んでます…」 

イ級「…♪」ピョンピョン 

提督「ええ…」 

叢雲「ふん、決まりね!」 

叢雲「今日からあんたの名前は、『イ太郎』よ!」

一週間後 倉庫 

ワイワイ 

イ太郎「…」ゴロゴロ 

皐月「わー、かわいいね!」ナデナデ 

卯月「ちっちゃいイ級なんて初めて見たぴょーん!」 

弥生(かわいい…) 


叢雲「…」ムスッ 

提督「どうした?叢雲」 

叢雲「…別に」 

提督「もしかしてイ太郎がみんなに取られて妬いて」 

ドガッ 

提督「アベシッ!!」 

叢雲「そそそそんなわけないじゃない!別に私だけのイ太郎じゃないもの!そうよ!違うのよ!」 

提督「お、落ち着け叢雲…」ヨロヨロ 

叢雲「…何よ」 

提督「これからも今まで通り世話係はお前だから心配するな」ポンッ 

メキャッ 

提督「イ゛エ゛ァ゛ァ゛ァ゛ァ゛!!」 

叢雲「だから違うって言ってんでしょうがこの変態!」 

提督「手首がああああああ!!!」 

叢雲「まったく…」 

叢雲「…」 

叢雲(…みんなにかわいがられるのは、いいことなんだから) 

叢雲(そんなこと考えちゃダメよね)

翌日 

叢雲「よーしよしよし」 

イ太郎「…」モグモグ 

叢雲「しっかり食べなさい、イ太郎」 

イ太郎「…」モグモグ 

提督「…それにしても叢雲」 

叢雲「ん?何よ」 

提督「こいつ、イ太郎って名付けたはいいが…」 

叢雲「それがどうしたの」 

提督「…こいつ、オスなの?メスなの?」 

叢雲「…」 

叢雲「そういえば、考えたことなかったわ…」 

提督「イ太郎って名前からするとオスになるわけだが…」 

叢雲「私たちと同じように、女の子かもしれないわね」 

提督「聞いてみるか」 

叢雲「そうね」 

提督「おいイ太郎。お前、オスか?メスか?」 

イ太郎「…」 

提督「…ほう、オスか」 

叢雲「へえ、そうだったの」 

イ太郎「…」 

提督「ん?…なるほど。わかった」 

叢雲「どうしたの?」 

提督「明日は酢の物が食いたいらしい」 

叢雲「そう、わかったわ…」 

叢雲「…」 

叢雲「…もしかして、この子『オス』を『お酢』と勘違いしてない?」 

提督「俺もそんな気がしてきた…」

提督「おいおい・・・じゃあ『メス』って何だよ?」 

イ太郎「…」 

提督「新種の魚と思ったって…」 

叢雲「ええ…」 

イ太郎「…」 

提督「なんか尖ってそうだから嫌だったんだってよ」 

叢雲「いや、そうじゃなくてね?」 

叢雲「イ太郎。あなた、男の子?女の子?」 

イ太郎「…」 

叢雲「…え?」 

提督「どうした?」 

叢雲「『わからない』って…」

提督「何?わからない?」 

イ太郎「…」 

叢雲「でもみんな女の子だから多分自分もそうじゃないかって」 

提督「この場合のみんなっていうのは…他の深海棲艦か?お前たち艦娘か?」 

叢雲「さあ…でも、そういえば人型の深海棲艦はみんな女の子よね」 

提督「そういえばそうだな…となると駆逐艦とかもそうなのかな?」 

提督「…そもそも深海棲艦に雌雄の区別ってあんのかな…」 

叢雲「わからないわ…」 

叢雲「とにかく、イ太郎は女の子ってことでいいのかしら?」 

提督「名前がミスマッチになっちまったな」 

叢雲「うるさいわね…」 

イ太郎「…」 

提督「ん?どうした、イ太郎?」 

イ太郎「…」 

提督「…!」 

叢雲「…どうしたの?急に表情変えて…」 

提督「…『深海棲艦とは何か?』だそうだ」

叢雲「え?あなたの仲間よ。私たちはそう呼んでて…」 

イ太郎「…」 

叢雲「いや、そうじゃなくて、私たちはかんむ…」 

提督「待て、叢雲!」 

叢雲「!な、何よ」 

提督「…ちょっと来い」 

叢雲「…」 

イ太郎「…?」 



叢雲「…何よ?どうしたの?」 

提督「…まだわからないのか?」 

叢雲「だから、何がよ?」 

提督「…イ太郎は、自分を深海棲艦だと認識していない」 

提督「お前たち、艦娘の仲間だと思っている」

叢雲「え?ど、どうして…」 

提督「イ太郎は、恐らく他の深海棲艦と会ったことがないんだろう…」 

提督「そこで、お前と出会ったことで、お前を仲間だと思った」 

提督「刷り込みと似たようなものだ」 

叢雲「…なるほど」 

叢雲「でも、別に悪いことじゃないでしょう?」 

叢雲「自分と周りが違うって思うよりはいいんじゃないかしら」 

叢雲「それだと、暴走しかねないし…」 

提督「確かにそうだが…」 

提督「これはこれで、別の問題が生じるんだ」 

叢雲「別の問題?それって何よ」 

提督「…悪いが教えられん」 

叢雲「はぁ?何言ってんのよ!」 

提督「お前とイ太郎のためだ」 

叢雲「…どういうことよ」 

提督「今はこれしか言えん…」 

提督「だが、その別の問題について、ヒントをやろう」 

叢雲「ヒント?」 

提督「ああ。『みにくいアヒルの子』だ」 

叢雲「みにくいアヒルの子…アンデルセン童話の?」 

提督「そうだ。あとは自分で考えろ」 

叢雲「…よくわからないけど、あんたは何か考えがあって、こんなこと言うのよね?」 

提督「…そう思うか?」 

叢雲「そういう人だもの、あんたって人は」

後日 

叢雲「…つまり、明日から一週間いないのね?」 

提督「そうだ。大本営に顔を出さんといかなくなってな…」 

叢雲「大丈夫よ。仕事はしっかりやっておくから、安心しなさい」 

提督「ああ。助かる。ちゃんとお土産は買ってくるから」 

イ太郎「…」トテチテ 

提督「よしよし。お前にもお土産買ってきてやるからなーイ太郎」ナデナデ 

イ太郎「…」ナデラレ 



一週間後 

提督「ふー・・・やっと帰ってこれた」 

提督「みんな元気かな?」 


倉庫 

提督「おーい、叢雲ー。いるかー?」 

叢雲「あら、帰ってきたの」 

イ太郎「…」 

提督「おう。イ太郎もげんきに、し…」 

イ太郎(成体)「…」ドドン 

提督「でけえええええええええ!!!」

提督「え、何!?俺がいない間に何があったの!?」 

叢雲「それが…ここ数日で急に大きくなって…」 

提督「急すぎるだろ…大丈夫かイ太郎?急にでかくなって…」 

イ太郎「…」 

提督「ならいいけど…」 

提督「っていうか、倉庫に住めるサイズギリギリじゃねえか…大丈夫なのか?」 

叢雲「一応大丈夫よ。でも、私も気になって、場所を変えるかイ太郎に聞いてみたんだけど…」 

叢雲「なじみの場所だから、ここがいいって…」 

提督「おお、そうか…」 

叢雲「でも散歩には行ってるわ」 

提督「こいつが歩き回るのか…恐ろしいな」

提督「…ああそうだ、お土産を渡さんとな」ゴソゴソ 

叢雲「あら、何をくれるの?」 

提督「ほら、叢雲」ポイッ 

叢雲「これは…ネックレス?花の紋様が入った」 

提督「ああ。ラッパスイセンだ」 

提督「しかも、それはただのネックレスじゃないぜ」 

叢雲「何よ?」 

提督「秘密」 

叢雲「…」ゴスッ 

提督「グハッ!ちょ、無表情で殴るのやめて!」

提督「で、イ太郎は…こんなに体が大きくなってるとは思わなくてな」ゴソゴソ 

提督「こんなのしかないが…」スッ 

叢雲「なにこれ…たこ焼き?」 

提督「ああ。美味いって有名な店のだ」 

叢雲「ふーん…まあ大丈夫よ。食べる量はあんまり変わってないから」 

提督「マジかよ!?」 

イ太郎「…♪」ムシャムシャ 

提督「いやぁ…本当にでかくなったな…」 

提督「…」 

叢雲「…?どうしたの?」 

提督「いや・・・なんでもない」

その夜 岬 

叢雲「まったく…どこ行ったのかしら、あいつ…」 

叢雲「…あ、いた!ちょっとあんた───」 

叢雲「…!」ササッ 

提督「…」 

赤城「…」 

叢雲(…赤城さんといる?しかも二人とも真剣な表情…) 

叢雲(思わず隠れちゃった…) 

提督「…イ太郎がどんどん成長している」 

赤城「ええ、そのようですね」 

提督「このままでは…」 

叢雲(何よ…何の話よ?)

赤城「まだ、叢雲さんには言ってないんですか?」 

提督「言えるわけないだろう…」 

提督「今の、イ太郎は…」 

提督「昔の叢雲に、そっくりだなんて…」 

叢雲(…!)

赤城「彼女も、そうだったんですね…」 

提督「そうだ…今まで黙っていたが…」 

提督「あいつは、俺が拾ってきた深海棲艦の幼体が、成長したものだ…」 

提督「あいつにはその記憶はないようだが…」 

赤城「でも、いつかは知ることになるんですよ…?」 

提督「わかっている…」 

提督「イ太郎は順調に成長している…」 

提督「そのうち艦娘のような人型となり、叢雲のようになるだろう…」 

提督「それを知ったら…あいつは…」 

赤城「提督…」 



叢雲「アホかあああああああああ!!!」ドゴォォォ 

提督「ウワラバッ!!」

叢雲「何さらっと嘘ついてんのよ!!アホか!!」 

提督「叢雲!?お前、聞いてたのか!?」 

赤城「ああ、聞かれてしまいましたか…なんてこと…」 

叢雲「白々しいのよ!私あんたの初期艦でしょ!」 

叢雲「そんなことあるわけないでしょうが!」 

提督「なんと…もうばれたか」 

赤城「流石ですね」 

提督「今のは次のドッキリの打合せだったんだが、聞かれてしまったか…」 

赤城「残念、失敗ですね」 

叢雲「またドッキリか!好きねあんたらも!」

叢雲「まったく…私は帰るわ!」スタスタ 

提督「あ、ついでにアイス買っておいて」 

叢雲「買うか!」 


提督「…行ったか?」 

赤城「ええ」 

提督「すまんな赤城、茶番に付き合わせて」 

赤城「いえいえ、楽しかったですよ」 

提督「叢雲が見てるのに気づいて、とっさにやってしまったが…うまくごまかせたか」 

赤城「…それで、本当のお話は何ですか?」 

提督「ああ…叢雲とイ太郎に関することだ」 

赤城「…また『実は叢雲さんは深海棲艦だった』っていうのはなしですよ?」 

提督「それは本当に嘘だよ…あいつの言う通りで、あいつは初期艦だからな」 

提督「そうじゃなくて、あいつとイ太郎が抱えている問題だよ」 

提督「お前には、言っておこうと思ってな。意見が欲しい」 

赤城「…聞きましょう」

後日 倉庫 


提督「よーっす、元気か?」 

叢雲「あら、来たの」 

イ太郎「…」トテチテ 

提督「おう、イ太郎も元気そうだな」 

イ太郎「…」ドシンドシン 

叢雲「あら、ずいぶん喜んでるわね」 

提督「最近忙しくて来れなかったからかな?そんなに俺に会いたかったか」 

イ太郎「…」ドシンドシン 

提督「ははは、うれしいこと言ってくれるじゃないの」 

提督「それじゃあ、とことんよろこばせてやるからな」ゴソゴソ♂

提督「ほら」ポイッ 

イ太郎「…♪」ムシャムシャ 

提督「よしよし、喜んでくれてよかったよ」ナデナデ 

叢雲「…」 

叢雲「…え!?ちょっと待って!?」 

提督「ん?どうした叢雲」 

叢雲「今何渡したの!?」 

提督「何って…ナニだよ」 

叢雲「いや、だからどういうことよ!?」 

提督「どうしたんだよ…ほら、イ太郎が今食べてるから見てみろ」 

叢雲「…」チラッ 

イ太郎「…♪」ムシャムシャ 

叢雲「…たこ焼き?」

提督「うん、たこ焼き」 

イ太郎「…♪」ムシャムシャ 

叢雲「…」 

叢雲「…え?」 

提督「ほら、前に渡した時イ太郎が喜んだろ?」 

提督「だからまた近場で買ってきて…」 

叢雲「そ、そう…」 

叢雲「…いや、だとしたら、『♂』って何よ!?」 

提督「それはアレだよ…」 

叢雲「アレって何よ!?」 

提督「爪楊枝が刺さったたこ焼き?」 

叢雲「えぇ…」 

提督「…何だと思ったんだ?」 

叢雲「ッ!!そ、それは…///」カァァァ 

提督「さっきから何を考えてたのかなぁ…?」ニヤニヤ 

叢雲「それは、その…」ゴニョゴニョ 

叢雲「…セイヤァ!!」ドゴォ 

提督「ドァーッ!?」

提督「…」ピクピク 

叢雲「はぁ…はぁ…」 

イ太郎「…?」 

叢雲「な、何でもないわよ!気にしないで!」 

叢雲「…まったく…」 

イ太郎「…?」 

叢雲「それより、よかったじゃない、イ太郎」ナデナデ 

イ太郎「…♪」 

叢雲「あら、たこ焼きが気に入ったの?」 

イ太郎「…!」 

叢雲「はいはい、そんなに力説しなくても、また買ってきてあげるわよ」 

叢雲「あのバカが」チラッ 

提督「ところで叢雲、さっき何を考えて」 

叢雲「フォイヤァ!!」ドゴォ 

提督「アハト!!」

ガラッ 

赤城「ここからたこ焼きのスメルがします!!」 

叢雲「あら、赤城さん」 

赤城「はっ!スメルとか言ってたらスルメが食べたくなってきました!」 

赤城「たこ焼き+スルメ+ボーキ…これです!これでいきましょう!」 

提督「お前は何を言ってるんだ…」ヨロヨロ 

イ太郎「…」 

赤城「あら、イ太郎。元気そうですね」 

赤城「なるほど・・・たこ焼きはイ太郎のでしたか」 

提督「…とるなよ?」 

赤城「いくら私でも許可なく他人の物をとったりしませんよ」 

赤城「でもたこ焼きは食べたいので、提督、買ってきてください」 

提督「いやです」

赤城「えー、いいじゃないですかケチー」ブーブー 

提督「そんくらい自分で買いに行け…子供じゃあるまいし」 

赤城「たまにはおごってくれてもいいじゃないですかー」ブーブー 

提督「はぁ…しょうがねぇな」 

叢雲「あら、結構あっさり折れたわね」 

提督「まあ赤城にはいつも世話になってるからな。たこ焼きの一つくらいなら安いものだ」 

赤城「やったー!ありがとうございます!」 

叢雲「そういうところ甘いわね、あんた」 

提督「まあな…」 

提督「じゃあちょっと行ってくるぜ」ヨッコラセ 

赤城「あ、あとスルメもお願いしますね」 

提督「…まあ、いいだろう」 

叢雲「あ、私も食べたくなってきたから私の分もお願い」 

提督「…え!?」 

イ太郎「…」 

叢雲「あとイ太郎がおかわりだって」 

提督「ええ!?」

数十分後 


赤城「はふはふ…これはなかなか!」ムシャムシャ 

叢雲「はふはふ…結構おいひいじゃない」ムシャムシャ 

提督「はふはふ…だろう?」ムシャムシャ 

イ太郎「…♪」ムシャムシャ 

叢雲「ていうか自分の分も買ったのね」 

提督「そりゃあこんだけ買ったのに自分の分は買わないとか悲しいだろう」 

赤城「はふはふ…これはすごい!」 

赤城「この濃厚なソース…マヨネーズとうまく絡み合って絶妙なハーモニーが…」ムシャムシャ 

赤城「たこ焼き自体もいい焼き加減です…外はカリッと、中はトロッと…」ムシャムシャ 

赤城「タコの大きさもちょうどいいです…大きすぎず小さすぎず…食べ応えがべりーぐっどです」ムシャムシャ 

赤城「そして軽くあぶり、醤油マヨを付けたスルメを…」ガブリ 

赤城「さらにここで、キレのある辛口!!」グビグビ 

赤城「…ッッカァー!!たまりませんなー!!」 

提督「酒飲むな」 

赤城「コーラですよ?」 

提督「じゃあいいや」 

叢雲(…コーラの辛口って、何?)

提督「まあ、こうやって奢るのは今回だけだからな」 

提督「また買ってほしかったら、ちゃんと働け」 

赤城「いつも働いてるじゃないですかー」ムシャムシャ 

提督「それとは別で、だ。普段の職務とは違うことでな」 

叢雲「バイトでもしろって?」 

提督「ちげーよ。例えば、魚とってくるとか、荷物運ぶとか…」 

提督「そういう身近なことだよ」 

赤城「えー…」 

提督「…言っておくが、一回につき一パックとかじゃないからな?」 

提督「十分に働いてから考えてやる」 

赤城「えー…」 

提督「少しは働こうという気概がないのか…」 

赤城「私は仕事と食べることは接点がないものだと考えてるので…」 

叢雲(確かに出撃の時と食事のときで雰囲気が全然違うわ…)

提督「無論、イ太郎もだ」 

イ太郎「…」ゴロゴロ 

提督「こらこら、今のお前が転がったら結構あぶないだろ」 

イ太郎「…」ゴロゴロ 

提督「働きたくない、じゃない!いつまでもニートのままでいるつもりか、お前は!?」 

叢雲「ねえ、そんなことしなくても…」 

提督「ダメだ!前から思ってたんだ!」 

提督「このままだとイ太郎は、社会に適応できないダメな大人になる!」 

叢雲(もう成体だけどね…) 

提督「大丈夫だイ太郎…俺を信じろ」 

イ太郎「…」 

提督「うんうん…そうか」 

提督「大丈夫、ちゃんと働いたら、またたこ焼き買ってやるからな」

翌日 


叢雲「…で、結局その仕事が」 


イ太郎「…」 

天龍「よう、イ太郎!」 

天龍「悪いけど、遠征で持って帰った資源、倉庫まで運んでくれ!」 

イ太郎「…」 

天龍「お、補給物資も運んでくれんのか!サンキュー!」 

イ太郎「…」トテチテ 


叢雲「資源、資材の運送ねぇ…」 

提督「ああ…あいつは成体になってからもなかなかに素早い動きをする」 

提督「何より体が大きくて、パワーがある…向いてると思ってな」 

叢雲「まあ、確かにそうね」 


イ太郎「…」トテチテ

赤城「おや、早速働いてますね」 

提督「おう。お前も働けよ」 

赤城「私はこれから魚を釣ってきます」 

提督「お、そうか。お前も働く気になったか」 

赤城「ええ、まあ…」 

提督「…ちなみに、とったのをほとんどお前が食べたら意味ないからな?」 

赤城「…」 

提督「…何か言えよ」

叢雲「それにしても、物資の運搬に向いてるんなら、遠征にでも行かせたらいいんじゃないかしら?」 

提督「…え?」 

叢雲「ほら、一度に多く運べるからその分効率も…」 

提督「…敵艦隊と遭遇する可能性だってあるぞ?」 

叢雲「?撃退か退避すれば問題ないんじゃないの?」 

提督「…本気で言ってるのか?」 

叢雲「…どういうことよ」 

提督「…いや、何でもない」 

提督「とにかく無理だと思う。問題が多くてな…」 

叢雲「…そういえば、航行中に他の鎮守府の人たちと科に見られたりしたらまずいものね」 

提督「まあ、そういう問題もあるな。とにかく、却下だ」 

叢雲「そうね…」 

叢雲「…あ、ちょっと私間宮に用があるんだった。行ってくるわ」 

提督「ああ…」

提督「…」 

赤城「…やはり、提督が前に言った通りなんでしょうか」 

提督「かもしれない」 

提督「そうなるとやはり…」 

赤城「…気が付いた時、どうなるんでしょうか…」 

提督「叢雲はおそらく大丈夫だ。あいつは強いからな」 

提督「だが、問題は…」 

赤城「…イ太郎のほうですか」 

提督「そうだ」 

提督「いつまでもごまかせない…いつか、その時は来るんだ」 

提督「その時、どうなるかは…俺には分からない」 

赤城「…」

後日 倉庫 

叢雲「…で、また一週間空けるの?」 

提督「悪いな。また呼び出しを喰らって…」 

叢雲「はぁ…まあ、仕方ないわね」 

叢雲「こっちは任せなさい。気を付けて行ってくるのよ」 

提督「ああ。ありがとう、叢雲」 

イ太郎「…」 

提督「おう。イ太郎、俺がいない間もしっかり働くんだぞ」 

イ太郎「…」 

提督「よしよし、じゃあな」

一週間後 


提督「ふー・・・やっと帰ってこれた」 

提督「疲れたぜ全く…」 

叢雲「あら、お帰りなさい」 

提督「ああ、ただいま」 

イ太郎「おかえりー」 

提督「おう、ただいま」 


提督「…ん?」

提督(気のせいかな…いつものイ太郎と話す時の感じと少し違う気がする…) 

提督「ああ、そうだ。たこ焼き買ってきたぞ」ゴソゴソ♂ 

イ太郎「わーい!ありがとうテイトク!」 

叢雲「よかったわね、イ太郎」 

イ太郎「うん!」ムシャムシャ 

提督(…やはりおかしい。今の返事は、俺ではなく叢雲に向けるべきだ…) 

イ太郎「そういえばムラクモ、さっきアカギが来て、ボーキを食べてたよ」 

叢雲「えぇ!?ちょっと、止めなさいよ!」 

イ太郎「えーやだよ…止めても聞かないし」 

提督「な、なあ!」 

叢雲「?どうしたの」 

提督「あのさ…もしかして」 

提督「…イ太郎、声に出してしゃべってる?」 

イ太郎「え?そうだよ」 

提督「ええええええええええ!!?」

叢雲「え?…ああそうか、あんたが言った後だったわね。イ太郎がしゃべったのは」 

イ太郎「ああそうだったね…驚かせてごめんね、テイトク」 

提督「またかよ!でっかくなった時と同じだよ!」 

提督「俺がいない時に限って進化しやがる!」 

イ太郎「まあまあ落ち着いて…」 

提督「…まあそれはいいとして…」 

提督「またずいぶん急だったな」 

叢雲「そうね…話自体はずっとしてたんだけどね」 

イ太郎「僕も急に話せるようになったから、びっくりしたよ」 

提督「そ、そうか…」

提督「それにしても、流暢に話すな」 

イ太郎「そうだね。始めのころはちょっとだけカタコトだったんだけど…」 

叢雲「今ではすっかり、この調子よ」 

提督「すげぇな…世の中何が起こるかわからないものだ」 

叢雲「そうね…」 

叢雲「ああでも、深海棲艦の中でも話すのはいるじゃない。ほら、例えば──」 

提督「叢雲!」 

叢雲「!な、何よ?」 

提督「…前に行ったこと、忘れたか?」 

叢雲「…!」 

イ太郎「…ねえ、前にも聞いたけど、『シンカイセイカン』って何?」 

提督「たこ焼き屋のチェーン店だ」 

イ太郎「そうなの!?」 

提督「嘘です」 

イ太郎「えぇ…」

叢雲(なんなの?問題って…) 

叢雲(…) 

叢雲(『みにくいアヒルの子』、か…) 


提督(しゃべるようになるとは、驚きだったな…) 

提督(この問題、本当にどう転がるかわからないな…) 

提督(イ太郎…叢雲…) 

提督(…大丈夫なのだろうか…)

数日後 倉庫 


叢雲「…」ジッ 

イ太郎「…」ジッ 

提督「よーっす」テクテク 

提督「…何やってんだ?」 

叢雲「話しかけないで、今いいところだから」 

イ太郎「…4六角、王手」 

叢雲「ッ…!そんな手が…!」 

イ太郎「さあ、どうする?ムラクモ」 

叢雲「くっ…まだよ…まだ手は…!」 

提督(将棋かよ…)

叢雲「あー…負けちゃった」 

イ太郎「やったー!これで67戦34勝33敗だー!」 

提督「そんなにやってたのかよ!暇だなお前ら!?」 

イ太郎「だって今日は仕事しなくていいってテンリュウが…」 

提督「確かにそうするように俺があいつに言ったけどさ…」 

提督「…ていうか、イ太郎は手がないのにどうやって駒を打ってたんだ?」 

イ太郎「あれ?見えなかった?」 

叢雲「私が代わりに打ってあげてたのよ」 

提督「あー、なるほど」 

叢雲「ちょっと教えただけでこれだもの…すごいわ、イ太郎」 

イ太郎「ふふん」 

イ太郎「…でも、何で僕には手がないんだろう?」 

提督「!!」

イ太郎「だってほら、ムラクモやアカギ…テイトクにだって、みんな手があるよ」 

イ太郎「なんで僕にはないんだろう…」 

イ太郎「それに、みんなより体が大きいし…」 

提督「い、いや、イ太郎!そういうやつもいるんだ!」 

イ太郎「そうなの?」 

提督「ほ、ほら!叢雲や天龍みたいに、猫耳みたいな電探着けてるやつもいれば、着けてない奴だっているだろ?」 

提督「その叢雲と天龍でも胸部装甲の差が」 

叢雲「オブスキュア!!」ドゴォ 

提督「リフト!!」 

叢雲「何言ってんのよ!!セクハラよ!それ!!」 

提督「ぐふぅ…」 

イ太郎「うーん、そんなものなの?」 

提督「あ、ああ…」 

提督「ほら、こんな言葉がある」 

提督「『みんなちがって、みんないい』」 

提督「だから違いなんて気にしなくていいんだ…」 

イ太郎「そうか…」 

イ太郎「…うん、そうだね」 

イ太郎「わかったよ、テイトク」 

提督「おう、ならよかったぜ」 


提督(…周りとの違い、か…) 

提督(時間の問題だな)

提督「それにしても叢雲…」 

叢雲「何よ?」 

提督「…お前、前にやったネックレス、どこにやった?」 

叢雲「え?」 

提督「忘れたとは言わせんぞ!前にお土産として渡した奴だ!」 

叢雲「あ、ああ…あれね」 

叢雲「し、知らないわよ」 

提督「はあ!?まさか失くしたんじゃないだろうな!」 

叢雲「違うわよ!ただ…」 

提督「だって、お前があれを付けてるところ、見たことないぜ…」 

叢雲「だ、だってあれ大きいじゃない!あんなの着けてたら目立つわよ!」 

提督「せっかくやったのになんだその態度は!あれ高かったんだぞ!ムキー!」 

叢雲「ああもううるさいわね!」 

提督「とにかく出してみろ!出せなかったら失くしたことにするぞ!」 

叢雲「そ、それは…」 

イ太郎「…違うよテイトク」

提督「イ太郎?どういうことだ」 

イ太郎「ムラクモは別に失くしてないよ」 

イ太郎「たまにここに持ってきてたんだけどね…」 

叢雲「ちょ、ちょっとイ太郎!あなた見てたの!?」 

イ太郎「大事そうにケースから取り出しては、ニヤニヤして見てたよ」 

イ太郎「で、たまに着けてみたりして、なんやかんやしてからケースに戻してた」 

叢雲「な、何で…!」 

イ太郎「ムラクモは僕が寝てるって思ってたみたいだけど、おもしろそうだったから黙って見てただけなんだよね」 

叢雲「なんてこと…」 

イ太郎「つまり、ムラクモは失くしてなんかない。むしろ大事にしてるんだよ」 

イ太郎「それをテイトクに知られたくなかったから今渋ったんだよ…どう?テイトク」 

提督「…そ、そうか」 

叢雲(どうしよう…死にたくなってきた)

提督「いや、失くしてないんならいいんだ…」 

叢雲「そ、そう…」 

イ太郎「…テイトクは、何でムラクモにだけそれを渡したの?」 

提督「な…!」 

叢雲「…え?」 

叢雲「私にだけ…?」 

イ太郎「だって、さっきテイトクは言ったじゃないか」 

イ太郎「『高かったんだぞ』って…」 

イ太郎「本当に高いんなら、そんなに何人分も買ってこないよ」 

イ太郎「もちろんテイトクがさっき嘘をついたって可能性もあるけど…」 

イ太郎「今の反応を見るに、本当みたいだね」 

提督「…」 

叢雲「…そ、そうだったの?」 

叢雲「てっきり、赤城さんとかにもあげてるかと思った…」 

提督「…いや、イ太郎の言う通りだ」 

提督「それは、お前にしか渡してない」

叢雲「そ、そう…」 

提督「…っ」 

イ太郎「つまり、ムラクモはテイトクが大事だし、テイトクもムラクモが大事ってことだよ」 

イ太郎「仲がいいね、二人は」 

提督・叢雲「誰がこんなやつ…っ!」 

イ太郎「ほら」 

提督・叢雲「…っ!」 

提督「…俺は仕事に戻る!じゃあな!」クルッ 

叢雲「ふ、ふんっ!早くいきなさいよ!」 

イ太郎(…二人とも、素直じゃないなぁ…) 

イ太郎(…それにしても、二人ともあれのことを『ネックレス』って言ってるけど…) 

イ太郎(どっちかといえばペンダントじゃないかな…) 

イ太郎(…まあいいか) 

翌日 

叢雲「はぁ…今日も暇ね」ゴロゴロ 

イ太郎「そうだね~」ゴロゴロ 

叢雲「しりとりでもしましょうか」 

イ太郎「そうしようか」 

叢雲「り…り…」 

叢雲「『リトルバスターズ』」 

イ太郎「ず…ず…」 

イ太郎「『す』でもいい?」 

叢雲「いいわよ」 

イ太郎「『School Days』」 

叢雲「『SWAN SONG』」 

イ太郎「『グリザイアの果実』」

赤城「叢雲さーん」 

叢雲「『さよならを教えて』…あら?赤城さん?どうしたの?」 

赤城「ちょっと今から出撃してもらいたいんですけど…」 

叢雲「あら、ずいぶん急ね」 

赤城「子日さんが体調を崩してしまって…」 

赤城「それで、あなたが最近出撃してないから、変わってくれないかと思いまして」 

叢雲「そういえばそうね…わかったわ」 

赤城「すみませんね」 

叢雲「別にいいわ。じゃあね、イ太郎」 

イ太郎「いってらっしゃーい」 


イ太郎「…ねえアカギ、ムラクモはどこに行ったの?」 

赤城「…大したことじゃありませんよ。ちょっとお出かけするだけです」 

イ太郎「お出かけかぁ…僕も行ってみたいな」 

赤城「…そうですね」 

赤城「いつか…行きましょう」

執務室 


コンコン 

提督「どうぞ」 

赤城「失礼します」ガチャッ 

提督「赤城か…どうした?」 

赤城「…叢雲さんに、出撃してもらいました」 

提督「…!」 

提督「そうか…」 

赤城「このタイミングで、よかったですか?」 

提督「ああ。ちょうどいい頃合いだと思う」 

提督「これ以上先延ばししてはいけない…後戻りできなくなる」 

提督「それに、このことに関するタイミングはお前に一任したはずだ」 

赤城「そうでしたね…」 

赤城「…叢雲さん、大丈夫でしょうか…?」 

提督「…わからん」 

提督「あいつ次第だ…」

南西諸島防衛線 


叢雲「意外と近海だったのね…」ザァァァ 

天龍「ああ。水雷戦隊での任務が入ってな」 

天龍「まあ戦艦と空母がちょっと出るくらいだし、何とか夜戦に持ちこめば大丈夫だ」 

叢雲「そうね…」 

龍田「…天龍ちゃん、敵影が見えるわ~」 

天龍「お、早速お出ましか」 

天龍「よーし、単縦陣で一気に攻めるぜ!俺についてこい!」 

一同「了解!」

天龍「オラオラァ!!」ドーンドーン 

龍田「あらあら、天龍ちゃん危ないわよ~?」 

天龍「大丈夫だ!ちゃんと攻撃は避け…うおっ!?」シュバッ 

龍田「ほら~気を付けないと」 

天龍「あ、あぶねぇ…」 

叢雲「はぁっ!!」ドーン 

叢雲(久しぶりね…体が少し鈍ってるわ) 

叢雲(そんな時に…)チラッ 

ル級「…」 

叢雲「戦艦に狙われるなんてね…」

叢雲(でも大丈夫…攻撃を見切って避ければ…) 

ル級「…」ドカーン 

叢雲(っ!来るっ!!)シュバッ 

叢雲(何とか避けた…) 

叢雲(そしてこの隙をついて…!)ガシャン 

叢雲「喰らえっ!!」ドーン 

ル級「…!」チュドーン 

叢雲「よし!」 

叢雲(今のうちに背後に回って…)ザァァァ 

ル級「…」 

叢雲「そして、酸素魚雷を…!」シュパーン 

ル級「…!」 

チュドーン

ル級「…」ボロッ 

叢雲「くっ…しぶといわね」 

叢雲「ならばもう一発…!」ガシャン 

天龍「叢雲!そっちに駆逐艦が一隻行った!」 

叢雲「駆逐艦?なら、大丈夫ね」 

叢雲「冷静に対処すれば…」クルッ 

叢雲「…!」 


イ級「…」 

叢雲「あ…」

叢雲(な、なんで…) 

叢雲(なんで、体が動かないの…?) 

イ級「…」 

叢雲(違う、こいつは…) 

叢雲(こいつは、イ太郎じゃない…) 

叢雲(姿が似てるだけの、ただの…) 

叢雲(…わかってるはずなのに…) 

叢雲(どうして…?) 

叢雲「どうして、動けないのよ…!」 


天龍「叢雲!後ろだ!」 

叢雲「…え?」 

ル級「…」ガシャン 

叢雲「…あ」 

ドカーン

────────── 

────── 

─── 

執務室 


天龍「失礼するぜ」ガチャッ 

提督「おお、天龍。叢雲は大丈夫か?」 

天龍「ああ。今入渠させたよ」 

提督「そうか…」 

天龍「それにしても、何で急に動かなくなっちまったんだ?あいつ」 

提督「…」 

赤城「…」

天龍「…何か知ってるみてえだな、提督」 

提督「知ってるというか、こんなことになるとは思っていた」 

天龍「は?どういうことだよ」 

提督「…駆逐イ級が叢雲に向かっていったときに、動かなくなったんだったよな?」 

天龍「ああ、そうだけど」 

提督「…叢雲が最近見た、駆逐イ級って言ったら?」 

天龍「…!」 

提督「そういうことだ」

天龍「で、でも、俺たちもイ太郎と結構会ってるけど、そんなことないぜ?」 

提督「それは叢雲が最近イ太郎以外のイ級を見ていなかったからさ」 

提督「ずっとイ太郎の世話係だったからな、あいつは」 

提督「お前たちは違う。同じ期間に何度も他のイ級を見ている」 

提督「イ太郎と他のイ級の違いがはっきり分かる。だから割り切ることができる。『あいつとこいつは違う』ってな」 

提督「しかし、叢雲はしばらく他のイ級を見ていなかったせいで、どうしても同一視してしまう」 

提督「それで、こうなったわけだ」 

天龍「なるほどな…」

天龍「じゃあ、何で叢雲にも出撃させなかったんだよ?」 

提督「さっきも言ったように、イ太郎には世話係が必要だった」 

提督「同時に、何かあった時の監視役もな」 

天龍「いや、それはわかるけどよ…交代制でもよかったんじゃねえのか?」 

天龍「いつも誰かがいるわけだし、叢雲の代わりも…」 

提督「確かにそうだが…一つ問題が生じる可能性があったんだ」 

天龍「何だよそれは?」 

提督「…イ太郎は最近まで、もしかしたら今もかもしれんが…成長中だった」 

提督「その最中、様々な影響を受けていく」 

提督「叢雲は世話係で、イ太郎に一番身近な存在だった…つまり、一番影響を与えやすかったってことだ」 

提督「そんな奴が、自分と同じやつを殺しまくってたら、黙っていても『何か』を感じるだろう…」 

提督「あくまで予想だが、そうなった場合、暴走してしまう可能性が高い」 

提督「それは避けたくてな…」

天龍「ふーん…なるほど。それはわかったけどよ…」 

天龍「ずいぶん危ないことしたな、提督」 

天龍「もしかしたら、叢雲は沈むかもしれなかったってによ…」 

提督「わかってる。だから事前にこっそりダメコンを積んでおいた」 

提督「あと、何かあった時のために龍田にも伝えておいた」 

天龍「はぁ!?何で龍田には言って俺には言わねえんだよ!」グリグリ 

提督「いててて!!だって天龍だと何か漏らしちゃいそうだし…」 

天龍「だーっ!!俺はそんなことしねーよ!!」グリグリ 

提督「いててて!!ギブギブ!!」 

赤城「それにしても、叢雲さんは大丈夫なんでしょうか?」 

提督「…ああ。恐らく叢雲は大丈夫だ」 

提督「前に言ったとおり、あいつは強い」 

提督「それより気になるのは…」 

赤城「…もう一つの、問題ですか?」 

提督「…そうだ」 

提督「これは、今回の比にならないだろうな…」

────────── 

────── 

─── 

倉庫 


叢雲「…」 

叢雲(これが、あいつの言ってた『問題』…?) 

叢雲(…そうよね、そうなるわよね) 

叢雲(なんで、今まで気づかなかったのかしら…) 

イ太郎「…あれ?ムラクモ?」 

叢雲「ッ!!」

叢雲「イ、イ太郎?イ太郎よね?」 

イ太郎「?そうだよ。どうしたのさ?」 

叢雲「い、いえ…」 


イ級『…』 


叢雲「ッ!!」 

イ太郎「!!どうしたの!?ムラクモ!!」 

叢雲「な、何でもないわ…」 

イ太郎「で、でも、苦しそうだよ…?」 

叢雲「何でもないのよ…何でも…」 

叢雲(違う…違う…) 

叢雲(イ太郎と、他のイ級は違う…!) 

イ太郎「…ムラクモ…?」 

叢雲「…イ太郎」 

ジャラッ 

叢雲「これ…あげるわ」

イ太郎「あれ?これって…」 

イ太郎「ムラクモが、テイトクからもらった…」 

叢雲「そうよ…あなたに持っててほしいの」 

イ太郎「で、でもこれはテイトクがムラクモにあげたものだよ?」 

イ太郎「僕がもらったら悪いよ…」 

叢雲「…いいのよ」 

叢雲「もしかしたら、あいつもこうなることがわかってたのかもしれないし」 

イ太郎「こうなることって…?」 

叢雲「…何でもないわ。ちょっと待って…」 

叢雲「倉庫にあった鎖を結び付けて…」ジャラジャラ 

叢雲「ほら、着けてあげるわ…」スッ 

イ太郎「…」

叢雲「…うん、似合ってるわ」 

叢雲「やっぱり紋様が私には大きすぎたのよ、うん」 

イ太郎「…本当にいいの?ムラクモ」 

叢雲「いいのよ。その代わり…絶対失くさないでね」 

イ太郎「うん…ありがとう。大事にするよ」 

叢雲「ええ…」 

イ太郎「…ムラクモ?」 

イ太郎「…どうして、泣いてるの?」 

叢雲「…なんでも、ないわ…」ポロポロ 

叢雲「…ごめんなさい、でも…」 

叢雲「もう少しだけ…」 

イ太郎「…」

翌日 倉庫 

イ太郎「…回して」 

赤城「はい」 

グルグルグルグル 

赤城「…1、2、3、4、5っと…」 

イ太郎「やった!十万円ゲット!」 

赤城「くぅ…!」 

赤城「では私の番です…」 

グルグルグルグル 

赤城「1、2、3…」 

赤城「…また借金…」 

イ太郎「…これでいくら?」 

赤城「ちょうど百万円です…」 

提督(今度は人生ゲームかよ…)

叢雲「…」 

提督「どうした叢雲?混ざらないのか?」 

叢雲「別に・・・」 

提督「…」 

叢雲「…ねえ」 

提督「何だ?」 

叢雲「あんたが前に言ってた、問題って…」 

提督「…ああ、そうだ」 

提督「昨日、わかっただろ?」 

叢雲「…そうね」

叢雲「なんで、もっと早くに教えてくれなかったの?」 

提督「言ったからといって、どうにかなった問題でもあるまい」 

提督「知っていたら、むしろもっとつらかったかもしれない」 

叢雲「…」 

提督「…まあ、今回の手が最善だったかなんてわからない」 

提督「少なくとも、お前を傷つけてしまったわけだからな…」 

提督「…すまなかった」 

叢雲「…別にいいわよ」 

叢雲「あんたの言う通り、どうにもならなかったと思うし」 

叢雲「それに、私の方こそ…」 

提督「?」 

叢雲「あれよ」スッ 

提督「…ああ、あれか」 

叢雲「イ太郎にあげちゃったから…」 

提督「はは、それは別にかまわん」 

提督「お前にやったものだどうしようがお前の勝手だ」 

提督「それに、イ太郎にやった理由もわかってる」 

叢雲「…そう」

叢雲「あ、そうだ」 

叢雲「一つ聞きたいことがあるんだけど」 

提督「何だ?」 

叢雲「前に、『みにくいアヒルの子』がどうのこうの言ってたじゃない」 

提督「ああ、そうだな」 

叢雲「今回の問題と、関係ないように思うんだけど」 

提督「そりゃそうだ、関係ないからな」 

叢雲「…は?」 

提督「ま、待て待て、誤解するな」 

提督「単純な話だ…」 

提督「問題は、まだあるってことだ」 

叢雲「え…?」

叢雲「ちょ、ちょっと待って!」 

叢雲「今回、私がイ級を倒せなかったことの他に、まだ問題があるってこと!?」 

提督「ああ、その通りだ」 

提督「あと一つ…もっと大きな問題が残っている」 

叢雲「それが…『みにくいアヒルの子』と関係があるの?」 

提督「そうだな」 

叢雲「…また、私には教えてくれないの?」 

提督「…いや」 

提督「このことは、お前には教えてもいいかもしれないな…」 

叢雲「じゃあ、私の問題じゃないってこと?」 

提督「ああ」 

提督「イ太郎の問題だ…」

────────── 

────── 

─── 

叢雲「…」 

提督「…そういうことだ」 

叢雲「…どうすればいいの?」 

提督「まだイ太郎の精神が幼い…もっと先延ばしにする必要がある」 

提督「だから、しばらくは今まで通りだ」 

提督「その間、絶対悟られるな」 

叢雲「わかったわ」 

提督「…それにしても叢雲、大丈夫か?」 

叢雲「?何が?」 

提督「…なるべく、お前は出撃させないようにするが…」 

叢雲「…ああ、そのことね」 

叢雲「大丈夫よ…大丈夫だけど」 

叢雲「…」 

提督「…」 

提督「イ太郎の問題のこともある、できればお前は出撃させない」 

叢雲「…でも、できるだけ出撃させて」 

叢雲「この問題と向き合って…早く解決したいから…」 

提督「…わかった」

イ太郎「そ、そんな…」 

赤城「やったー!逆転勝利です!」 

イ太郎「くっ…」 

イ太郎「…素晴らしいよアカギ、いい勝負だった」 

赤城「ありがとうございます」 

提督「二人でやってたのかよお前ら」 

イ太郎「二人でもなかなか面白いよ」 

赤城「よし!もう一回やりましょう!」 

赤城「提督もご一緒にどうです?」 

提督「よーし、やってみるか」 

イ太郎「ムラクモもどう?」 

叢雲「!え、ええ…」 

叢雲「…そうね、やりましょうか」 

イ太郎「よーし、四人でやろう!」 

提督「罰ゲームつきな」 

叢雲「え、何やる気よ」 

提督「そうだな…無難に、一位の言うことをなんでもビリが聞くってことで」 

赤城「ん?」 

イ太郎「わかった、負けないよ!」 

イ太郎「じゃあ僕から!」

叢雲(…そう、こうやって今まで通り過ごせばいいのよね) 

叢雲(…大丈夫、イ太郎はあいつらと違う…) 

叢雲(イ太郎はあのネックレスを着けてる…はっきり違うってわかるもの) 

叢雲(…問題なんて…) 

イ太郎「ほら、ムラクモの番だよ!」 

叢雲「!え、ええ…」 

提督「…」 

赤城「…提督」 

提督「大丈夫だ…あいつは」 

赤城「強いから、ですか?」 

提督「…ああそうだ」 

赤城「ふふ、ずいぶん信用してるんですね」 

提督「まあ、あいつとは結構な付き合いになっちまったからな」 

提督「…もちろん、お前も信用してるぜ?」 

赤城「あら、取ってつけたように言いますね」 

提督「そう言うなよ」 

赤城「ふふ、冗談ですよ」 

提督「…叢雲のこと、支えてやってくれ」 

赤城「わかってます」

一週間後 

叢雲「はぁ…暇ね」ゴロゴロ 

イ太郎「またか~」ゴロゴロ 

叢雲「どうしましょうか」 

イ太郎「また人生ゲームしようか、罰ゲーム付きで」 

叢雲「!い、嫌よ!」 

イ太郎「前やった時、ムラクモ負けちゃったもんね…」 

叢雲「思い出させないで…」 

イ太郎「確かテイトクに、メイド服を着せられて…」 

叢雲「それ以上言うとごはん抜きにするわよ!」 

イ太郎「うわあああごめんごめん!!」

赤城「…叢雲さん」 

叢雲「あら、赤城さん」 

赤城「…『お出かけ』、してもらえますか?」 

叢雲「!…ええ、わかったわ」 

イ太郎「ムラクモ、どこか行くの?」 

叢雲「ええ、ちょっとね」 

イ太郎「最近よくどこか行くよね…お出かけとかお使いとか言って」 

赤城「叢雲さんにもいろいろあるんですよ」 

イ太郎「何しに行ってるの?」 

赤城「…聞きたいですか?」 

イ太郎「…ゴクリ」 

赤城「…Dホイールに乗ってライディングデュエルを…」 

イ太郎「え!?ムラクモってデュエリストだったの!?」 

赤城「嘘です」 

イ太郎「えぇ…」

叢雲「じゃ、ちょっと行ってくるわね」 

叢雲「イ太郎、いい子にしてるのよ」 

イ太郎「うん、行ってらっしゃい」 

叢雲「…」 


南西海域 

叢雲「はぁっ!!」ドーン 

天龍「叢雲!イ級が!」 

叢雲「ッ!」 

イ級「…」 

叢雲(…違う) 

叢雲(違うって、はっきり分かる…!) 

叢雲(大丈夫…!)ガシャン 

叢雲「喰らいなさいっ!」シュパーン 

イ級「!!」 

チュドーン

叢雲「はぁ…はぁ…」 

天龍「大丈夫か?叢雲」 

叢雲「ええ、問題ないわ」 

天龍「…本当に、もう大丈夫なんだな?」 

叢雲「…まだわからないわ」 

叢雲「でも、ちゃんと倒せるくらいには…」 

天龍「…そっか」 

天龍「さ、次行くぞ」 

叢雲「ええ」 

叢雲「…」

その夜 倉庫 


叢雲「ただいま」 

イ太郎「あ、ムラクモ!お帰り!」 

叢雲「いい子にしてた?」 

イ太郎「うん、アカギと遊んでたよ」 

叢雲「何やったの?」 

イ太郎「麻雀」 

叢雲「ちょっと待ってそれはいろいろとまずい」 

叢雲「そもそも、誰かに代打ちしてもらわないと無理じゃない。誰がやったの?」 

イ太郎「テイトクだよ」 

叢雲「あいつも暇ね…」

叢雲(…そうよ、あいつらとこの子は違う…) 

叢雲(見た目も、中身も…) 

叢雲(だから、気にすることなんて…) 

イ太郎「ムラクモ?」 

叢雲「何でもないわ」 

叢雲「おなかすいたでしょう?ご飯もってくるわ」 

イ太郎「じゃあ、たこ焼きがいいな!」 

叢雲「悪いけどないわよ」 

イ太郎「えー」ジタバタ 

叢雲「また今度買ってきてあげるから、あいつが」

後日 


ザッ 

イ太郎「ん…ムラクモ?」 

赤城「残念、私です」 

イ太郎「アカギ。ムラクモはどうしたの?」 

赤城「『お出かけ』してます」 

赤城「さらに、今日はいつもより遅くなるそうですよ」 

イ太郎「またか…本当に何やってるの?」 

赤城「…もう少ししたら、教えてあげますよ」 

イ太郎「えー」 

赤城「それで、今日はどうしますか?」 

イ太郎「また麻雀?」 

赤城「ククク…」 

イ太郎「!?」

昼過ぎ 


イ太郎「はあ、仕事もないし暇だなぁ…」 

ガヤガヤ 

イ太郎「…ん?」 

イ太郎「外で物音が…」 

イ太郎(…話声もする) 


「…支援が必要?」 

「ええ、そうみたい」 

「それで今から?」 

「そうだよ、ほら、行こう」 


イ太郎「…誰か出かけるのかな?」 


「ほら、叢雲ちゃんたちが待ってるよ」 

「わかってるって」 


イ太郎(!ムラクモ…) 

イ太郎(…何、してるんだろう?) 

イ太郎「…」

「ちゃんと艤装ついてる?」ザァァァ 

「うん、大丈夫だよ」 


イ太郎「…」ザァァァ 

イ太郎(着いてきちゃった…) 

イ太郎(大丈夫かな?バレてないかな?) 

イ太郎(…それにしても、意外と簡単に泳げちゃった…) 

イ太郎(他のみんなもスイスイ行ってるし、そんなものなのかな) 


「…待って」 

「どうしたの?」 

「…つけられてる気がする」 

「え!?どこ!?」 


イ太郎(?止まっちゃった…) 

イ太郎(どうしたんだろう…) 


「…あっちかな?」 

「行ってみようか」 


イ太郎(!!こっちに来る!) 

イ太郎(もしかしてバレた!?) 

イ太郎(いそいで離れないと!)ザァァァ

イ太郎「…はぁ…はぁ…」 

イ太郎「…まけた、かな?」 

イ太郎「…でも、どこに行けばいいのかもわかんなくなっちゃった」 

イ太郎「どうしよう…」 

ドカーン 

イ太郎「!?な、何!?」 

イ太郎「爆発音…?」 

ドカーン 

イ太郎「!?ま、また…」 

イ太郎「…あっちからかな?」 

イ太郎「…行ってみよう」

ドカーン 

イ太郎(…音が近くなってきた) 

イ太郎(しかも、何か影が見える…何だろ?) 


ル級「…」ドカーン 

金剛「SHIT!!大人しくするデース!!」ドカーン 


イ太郎(あれは…コンゴウ?) 

イ太郎(…誰かと、戦ってる?) 

イ太郎(どういうこと…?) 


叢雲『…で、みにくいアヒルの子と、どう関係があるのよ?』 

提督『…まあ、そこまで関係があるわけじゃないんだがな』 

提督『あくまでも、ヒントくらいの感覚だ』

瑞鶴「このっ!!数が多いわね!!」バシュンッ 

リ級「…!」ドカーン 

妙高「くっ…キリがありません」ドカーン 

へ級「…」 


イ太郎「ズイカクやミョウコウまで…」 

イ太郎「鎮守府のみんなが、ここにきてるの…?」 



叢雲『どっちでもいいけど、結局どういうことなのよ?』 

提督『…あの話で、みにくいアヒルの子はどうなる?』 

叢雲『え?』

イ太郎(でも、それじゃあ…) 

イ太郎(あの戦ってる相手は…?) 


叢雲『えっと…成長して白鳥になって、自分は白鳥だったって気が付くのよね?』 

提督『そうだ』 

提督『自分は違う種族だった、と気が付くのがポイントだ』 

叢雲『…つまり、イ太郎がそのうち自分は私たち艦娘と違うって気が付くってこと?』 

提督『まあ、そういうことだ』 


イ太郎(なんだろう…あの戦ってる相手…) 

イ太郎(とっても、怖いはずなのに…) 

イ太郎(…どこか、僕と似てる…?)

提督『まあ、今回の場合もっときついことになる』 

叢雲『どういうことよ』 

提督『…』 


イ太郎(…あんまり近づくと、危ないかな) 

イ太郎(少し離れておこう…) 

イ太郎(…!あれって…) 


叢雲「はっ!!」ドーン 


イ太郎「ムラクモ…!?」

提督『…イ太郎は、深海棲艦の駆逐イ級だ』 

叢雲『…そうね』 

提督『深海棲艦っていうのは、俺たちが倒すべき相手…ずっと戦ってきた相手だ』 

提督『で…イ太郎は、自分が深海棲艦という存在だということを知った時、もう一つあることを知る…』 

叢雲『…っ!!まさか…!』 

提督『そうだ…』 


イ太郎(そうか、ムラクモもここに来てたんだ…!) 

イ太郎(じゃあお出かけって、このことだったんだ…) 

叢雲「この…!」ドーン 

イ太郎(…どんな相手と戦ってるんだろう?) 

イ太郎(…少し、見に行こう)ザァァァ 


イ太郎「え?」 


イ級「…」 


提督『自分は、ずっと仲間だと思ってきた、周りの者たちの敵だったっていうことを知ることになる』 

提督『そのショックは、計り知れないだろう…』

イ級「…」ドーン 

叢雲「ぐっ…」シュバッ 


イ太郎(ムラクモが戦ってるのって…) 

イ太郎(僕と、同じ…?) 

イ太郎(どういうこと…?) 


叢雲『え?あなたの仲間よ。私たちはそう呼んでて…』 


イ太郎『…でも、何で僕には手がないんだろう?』 


赤城『…もう少ししたら、教えてあげますよ』 


イ太郎(…ああ、そういうことか…) 

イ太郎(そういうことだったんだ…) 

イ太郎(…僕だけが、知らなかったんだ…) 

イ太郎「…」

叢雲「これで終わりよっ!!」シュパーン 

イ級「…!」 

チュドーン 

叢雲「ふぅ…」 

金剛「これで全部デスカ?」 

瑞鶴「そうみたいね」 

妙高「さあ、あとは帰港するだけですよ」 

金剛「さっさと帰ってティータイムデース!」 


叢雲「…ん?」 

瑞鶴「?どうしたの?」 

叢雲「…今、誰かに呼ばれた気が…」 


イ太郎「…」 

ザァァァァ

三日後 執務室 


提督「…」 

赤城「…」 

提督「…イ太郎はまだ見つからないのか?」 

赤城「ええ、そのようです…」 

提督「…そうか」 

提督「叢雲は?」 

赤城「今日も朝から、捜索に出てますよ」 

提督「…」 

赤城「…どうして、急にいなくなったんでしょうか」 

提督「…さあな」 

提督「大方、ちょっと試しに海に出てみたら、道に迷ったってところだろ」 

赤城「…」

提督「とにかく、これだけ近海を探しても見つからないってことは、ある程度遠くに行っちまった可能性が高い」 

提督「だからもう少し遠くの、南西方面とか・・・そのあたりを探してみるか」 

提督「でも、そんなに人員も割けないし…」 

赤城「…あの、提督」 

提督「…何だ?」 

赤城「…もしかして、イ太郎がいなくなった理由、わかってるんじゃないんですか?」 

提督「…」 

提督「…何故そう思う?」 

赤城「さあ…」 

赤城「何となく、ですかね」 

提督「…ふん、さすがだな」

提督「確かに、一つ考えていることがある」 

赤城「…それは?」 

提督「…イ太郎が、自分自身が何者か知ってしまったかもしれない」 

赤城「!!それって…」 

提督「ああ、前に言った『問題』だ」 

赤城「…どうしてそう思うのですか」 

提督「イ太郎が消えたことが確認されたのは、昼過ぎだったな」 

赤城「ええ、私が様子を見に行ったら…」 

提督「その前に、俺は支援艦隊を出していた」 

提督「そして、その支援艦隊の奴らは何者かにつけられているような気がしたらしい…」 

赤城「!ということは…」 

提督「そう、支援艦隊をつけて行ったということだ」

赤城「なるほど・・・そこでイ太郎は…」 

提督「ああ…艦娘と深海棲艦との戦いを目の当たりにして…」 

提督「すべてを、知ったのかもしれない」 

提督「あいつは賢い…それだけで、すべてを理解するのに十分だろう」 

赤城「…でも、どうして今まで黙ってたんですか?」 

赤城「そう考えているなら、教えてくだされば…」 

提督「言ったところでどうにかなるわけじゃない」 

提督「それに、あくまでも予想だ。根拠もほとんどない」 

提督「それなのにむやみに言いふらして、要らん混乱を招いたらいけないからな」 

提督「特に、叢雲にはな…」 

赤城「…」 

バンッ 

提督・赤城「!?」

叢雲「…ただいま」 

提督「む、叢雲…おかえり」 

赤城「早かったですね…」 

叢雲「少し体制が悪くてね…またすぐに出る予定よ」 

提督「そうか…」 

提督「それにしても、ノックくらいしてくれても…」 

叢雲「ちゃんとしたわよ」 

叢雲「気が付かないほど、お話に集中してたんじゃないのかしら?」 

提督「…!」

提督「…聞いてたのか?」 

叢雲「…まあね」 

叢雲「…私も、そんな気がしてた」 

提督「え?」 

叢雲「あの時…戦いが終わった後…」 

叢雲「誰かに、呼ばれた気がして・・・」 

叢雲「もしかしたら、イ太郎だったのかもしれないって思って…」 

叢雲「もしそうなら、あの子は…」 

提督「…」 

叢雲「…こんなこと言ってもどうしようもないし、また出発するわ」 

提督「ああ。気を付けて…」 

バンッ 

大淀「提督!大変です!」

提督「大淀!?どうした!」 

大淀「敵艦隊が本土に接近中!こちらに向かってきます!」 

提督「何だと!?」 

提督「赤城!叢雲!出れるな!?」 

赤城「はい!すぐにでも!」 

叢雲「こんな状況なら仕方ないわね…!」 

提督「よし!すぐに艦隊を編成して、迎撃するぞ!」

某海域 


ザザッ 

提督『こちら司令部。赤城、見つかったか?』 

赤城「いえ…偵察していますが、まだそれらしい影はありませんね」 

提督『そうか…注意しろ。敵艦隊はなかなかに規模が大きいらしい』 

提督『空母棲姫なんかもいるらしいし、十分に警戒しろ』 

提督『直に支援艦隊を送る。それまで持ちこたえてくれ』 

赤城「了解です」 

ピッ

大和「赤城さん。提督は何と?」 

赤城「直に支援を送るから、まずは持ちこたえてくれ、とのことです」 

大和「そうですか…」 

武蔵「まあ、まだ索敵にもかからないということは、そう近くはないのだろう。長く時間稼ぎしなくても良くなるんじゃないか」 

赤城「だとよいのですが…」 

加賀「…!赤城さん、見つけました」 

赤城「本当ですか、加賀さん!?」 

加賀「ええ…情報通り、空母棲姫がいるようね」 

加賀「でも、随伴艦はそんなに強くないわ。勝つ見込みは十分ありそうです」 

加賀「気を付けるべきは、他の艦隊かしら…」

赤城「わかりました。それで、敵艦隊はどこに?」 

加賀「えっと…」 

叢雲「!!赤城さん、あれ!」 

赤城「どうしました…って、あれは!」 

ブゥゥゥゥン 

赤城「敵艦載機…!しかも攻撃機!?」 

大和「まさか、もう気づかれていたというの!?」 

武蔵「いつの間に…!」 

ドカーン ドカーン 

叢雲「くっ…!」

赤城「全艦、回避行動をとってください!隙を見て対空射撃も!」 

大和「このっ!」ズドドドド 

武蔵「どんどん増えるぞ!空母が多いのか!?」シュバッ 

叢雲「これじゃあどうしようも…」シュバッ 

加賀「…!そんな…!」 

武蔵「どうした!?」 

加賀「敵艦隊接近中…戦艦三隻を含みます!」 

赤城「なっ…こんな時に!?」 

大和「分が悪すぎる…!」

赤城「一旦引きます!全艦、退避してください!」 

ドカーン ドカーン 

武蔵「ぐあっ…!」チュドーン 

加賀「…っ」チュドーン 

叢雲「攻撃が…止まない…!」 

ドカーン ドォォォォォン 

赤城「キャァッ!?」 

加賀「赤城さん!」 

赤城「くっ…私のことは気にせず!皆さん逃げてください!」 

赤城「固まっていてはいい的です!ここは少々危険ですが、散り散りに逃げてください!」 

チュドーン 

叢雲「赤城さん…!」 

ドカーン 

叢雲「うわぁっ!?」 

ドォォォォン 

叢雲「くそっ…くそぉ…!」 

ザァァァァ

────────── 

────── 

─── 


…ん 

…さん 

…く…さん 


赤城「叢雲さん!」 

叢雲「ッ!!」バッ 

叢雲「はぁ…はぁ…」 

赤城「よかった…気が付きましたね」 

叢雲「赤城さん…」 

叢雲「大丈夫なの?」 

赤城「ええ、私は大丈夫です。ちゃんと発着艦もできますよ」 

叢雲「それは良かった…」

赤城「軽い放心状態にあったみたいです。安心したからでしょうか」 

叢雲「…ということは、艦載機とか、まけたの?」 

赤城「ええ、そのようです」 

赤城「今のところ、目視では敵影や艦載機も見当たりませんし、問題ないようです」 

赤城「…といっても、説得力ないでしょうが…」 

叢雲「…いえ、ありがとう」 

赤城「さっき通信しましたが、他の皆さんも無事だそうです」 

叢雲「そう…よかった」 

赤城「…さて、どうしますかね」 

叢雲「とりあえず合流が先かしら。二人だけじゃどうしようもないし」 

赤城「そうですね。近くにいないか索敵がてら偵察してみましょうか」 

バシュンッ

赤城「…」 

叢雲「どう?」 

赤城「…いましたね」 

叢雲「本当!?よかった…近いの?」 

赤城「…ええ、そのようです…目視で見えてもおかしくないんじゃないですか?」 

叢雲「じゃあ、すぐに…」 

赤城「…いえ、近いのは加賀さんたちじゃなくて…」スッ 

叢雲「え…?」 

叢雲「…あ」 


空母棲姫「…」 


赤城「今、一番会いたくない人です」

叢雲「…どうする?」 

赤城「逃げてもいいですが…この距離で相手は空母。そして私たちの艦種、数…圧倒的に不利です。艦載機に追われるだけでしょう…」 

赤城「…なるほど。先ほどの敵艦隊の動き、今の空母棲姫たちとの距離、タイミング…」 

赤城「どうやら、罠にかかってしまったようです」 

叢雲「どういうことよ」 

赤城「先ほどの攻撃は、恐らく私たちを混乱させ、戦力を分断することが目的だったのでしょう」 

赤城「そうやって少しずつ確実に仕留めるつもりだったと思われます」 

赤城「そして、戦力を分断したうえで、こうやって逃げにくい状況を作り、攻撃を仕掛ける…といったところでしょうか」 

叢雲「なるほどね…」

叢雲「でも、勝ち目がないわけじゃないでしょう?」 

叢雲「さっきの加賀さんの話や、今見えている艦影から察するに、随伴艦は強くない…」 

叢雲「精々、駆逐艦や軽巡ってところね」 

叢雲「だから空母棲姫さえ何とかすればいいはずよ」 

赤城「そうですね…その通りです」 

赤城「…しかし、倒そうとは考えない方がよさそうです」 

叢雲「当然ね。いつ他の敵艦が来るかもわからないし…」 

赤城「ここは、できるだけ戦い、隙をついて撤退、といったところでしょうか」 

叢雲「それがよさそうね」

空母棲姫「…」 


叢雲「…空母棲姫も、隙を見せまいとしているようね。まだ攻撃してこない…」 

赤城「そうでしょうね…」 

赤城「今のうちに司令部に連絡しておきます。叢雲さんは、対空射撃の準備を」 

叢雲「了解」 


赤城「…はい、お願いします」ピッ 

赤城「さて…そろそろ来ますかね」 

叢雲「ええ…どうやら、こちらが動いた瞬間を狙っているようね」 

赤城「なるほど…しかし、こちらも隙を見せる気はありませんよ」 

叢雲(ホントこの人出撃だと雰囲気変わるわね…) 

赤城「…」グッ 

空母棲姫「…」グッ 


赤城「第一次攻撃隊、発艦してください!」バシュンッ 

空母棲姫「ッ!!」ヒュバッ

ブォォォォォォ ズドドドドド 

赤城「叢雲さん!対空射撃を!」 

叢雲「了解よ!」ジャキン 

ズドドドドドドドドド 

叢雲「くっ…これが限界…」 

赤城「攻撃が来ます!回避行動を!」 

ブォォォォォォ ドカーン ドカーン 

叢雲「ふっ!!」シュバッ

赤城「…よし、こちらの被害はありませんね」 

叢雲「でも、向こうも大して被害はないわね…」 

赤城「すみません、私の力が及ばず…」 

叢雲「いや、そんなことは…」 

叢雲(そもそも航空戦で、空母棲姫相手に一隻でここまでやるとは、流石としか…) 

赤城「ともかく、私は次の攻撃に備えます。叢雲さんは突撃して、随伴艦の掃討を!あとでサポートします!」 

叢雲「了解、サポートは頼んだわ!」ザァァァァ

叢雲「海の底に、消えろっ!」ドーンドーン 

へ級「…!」チュドーン 

ホ級「…」ドーン 

叢雲「甘いっ!」シュバッ ドーン 

ホ級「…!」チュドーン 

叢雲(よし、何とかなりそう…!) 

叢雲(これなら、いける!) 

ブォォォォォォ 

叢雲「ッ!」 

叢雲(敵艦載機…!) 

叢雲(早く、対空射撃を…) 

ズドドドドドド 

叢雲「…あれ?」 

ブォォォォォ 

叢雲「味方艦載機…」 

叢雲「…流石ね、赤城さん」

赤城「どうやら、うまくいったようですね」 

赤城「しかし、こちらの残り艦載機も多いとは言えません…」 

赤城「時間の問題ですね…」 


叢雲「邪魔よっ!」シュパーン 

ロ級「…!」ズドーン 

叢雲「はぁ…はぁ…」 

叢雲(よし、随伴艦も残り少ない…おそらく後一隻程度)

ザザッ ピッ 

叢雲「赤城さん、随伴艦も残りわずかよ」 

赤城『そうですか、わかりました。残りもお願いします』 

赤城『こちらも、空母棲姫の隙を作るようにします。随伴艦を倒したら、とりあえずいったん退いてください』 

叢雲「ええ、わかったわ」 

赤城『しかし、油断だけはしないよう…』 

叢雲「…了解」ピッ 

叢雲「さて、残りは…あそこか」 

叢雲「少し遠いわね…艦影から察するに、駆逐艦かしら?」 

叢雲「ここは、遠方から射撃して牽制して、突撃かしらね」

叢雲(しかし見たところ、動きはあまりよくない…) 

叢雲(砲撃も下手くそね…戦闘慣れしてないのかしら?) 

叢雲(…だったら!) 

叢雲「喰らいなさいっ!」ドーンドーン 

ザパァ ザパァ 

駆逐艦?「…!」ザァァァ 

叢雲(水柱で眩ますつもりだったけど、その前に逃げられた…) 

叢雲(やはり、読まれてるのかしら…)

叢雲「でも!」ジャキン 

ドーン 

駆逐艦?「…!」ピタッ 

ザパァ 

叢雲「一瞬でも動きを止めれば!」ドーンドーン 

ザパァ ザパァ 

駆逐艦?「…!」 

叢雲「よし、成功!!」 

叢雲「そして、接近したうえで、魚雷を…!」ガシャ 

ザァァァ 

叢雲「魚雷、を…」 

叢雲「…」 


叢雲「え…?」

叢雲「…嘘、まさか…」 

叢雲「でも…」 

駆逐艦?「…」ジャキン 

ドーン 

叢雲「…!」 

チュドーン 

叢雲「…っ」 

ザザッ 

赤城『叢雲さん、無事ですか?』 

赤城『少し時間がかかっているようなので…』 

叢雲「…」

赤城『叢雲さん?叢雲さん!?大丈夫ですか!?』 

叢雲「…赤城さん…」 

赤城『どうしたんですか!?被弾しましたか!?』 

叢雲「…随伴艦…駆逐艦の…残り一隻が…」 

叢雲「…首飾りを…」 

赤城『首飾り…?』 

赤城『…!!まさか…!』


叢雲「…ねえ、どうしてなの…?」 

叢雲「どうして、あなたと戦わなくちゃいけないのよ…」 

叢雲「ねえ…?」 



叢雲「…イ太郎」 



イ太郎「…」 

ジャキン 

ドォォォォン

赤城『叢雲さん!?大丈夫ですか!?砲撃音が…』 

叢雲「…ええ」 

叢雲「外れたみたい…無事よ」 

叢雲「それよりも…」チラッ 


イ太郎「…」 


赤城『…本当にイ太郎なんですね?』 

叢雲「ええ。間違いないわ…」 

赤城『…どうするつもりですか』 

叢雲「一か八か、説得してみるわ」 

赤城『え!?』

叢雲「あのイ太郎が、いきなり攻撃してくるなんて信じがたいし…」 

叢雲「何か事情があるか、操られてるのかも…」 

赤城『そ、そんな不明確なこと…』 

赤城『失敗する可能性のほうが高いんですよ!?』 

叢雲「やってみないとわからないわ。大丈夫、迅速にやるから」 

叢雲「それじゃあ、空母棲姫はお願いするわ」 

ピッ 


赤城「ちょっと!?叢雲さん!?」 

赤城「…切られた、か…」 

赤城(いつもの冷静な彼女からは考えられない言動…完全に焦ってる…) 

赤城「…」 

ザァァァァ

イ太郎「…」ドーン 

叢雲「くっ…」シュバッ 

叢雲「イ太郎!!私よ!叢雲よ!わかる!?」 

イ太郎「…」 

叢雲「こんなことやめましょう!あなた、こんなことするような…」 

イ太郎「…」ドーン 

叢雲「うわっ!?」シュバッ 

叢雲(くそ…やっぱり駄目なの…!?) 

叢雲(…いいえ!まだ…!)

叢雲「イ太郎!」 

叢雲「こんなことしても、何にもならないわ!」 

叢雲「私たちが争っても、何も…!」 

イ太郎「…」 

叢雲「私だって、あなたを傷つけたくないのよ!」 

叢雲「大して長くないかもしれないけど、一緒に過ごしてきたあなたを…!」 

叢雲「私はあなたが、大切だから…!」 

叢雲「私だけじゃない、赤城さんや、司令官…他のみんなだって!!」 

叢雲「だから・・・一緒に帰りましょう…?」 

叢雲「イ太郎…」 

イ太郎「…」 

叢雲(くっ…やっぱり…) 




イ太郎「…ムラクモ」 

叢雲「!!」

叢雲「イ太郎!」 

イ太郎「…」 

叢雲「私がわかるのね!?」 

イ太郎「…」コクリ 

叢雲(よかった…何とか、なったみたい…) 

叢雲「じゃあイ太郎、私と一緒に…」 

イ太郎「…」 



ジャキン 

叢雲「…え?」 

ドォォォォォン

叢雲「ぐはっ…!」 

叢雲(嘘…) 

叢雲(何、で…?イ太郎…) 

イ太郎「…」 

叢雲「イ太郎…どうして…?」 

イ太郎「…勘違いしているようだけど、僕は操られたりしてもいないし、特別な事情もないさ」 

叢雲「な…!」 

イ太郎「最初から、ムラクモのこともわかっていたよ」 

叢雲「な、何で…」 

イ太郎「何で…?…何で、か…」 

イ太郎「…信じられなくなったから、かな」 

叢雲「え…?」

イ太郎「…ムラクモたちは、ずっと、僕が深海棲艦だっていうことを、黙っていたよね」 

叢雲「それは…!」 

イ太郎「いや、そうしていた理由はわかっているつもりだよ」 

イ太郎「簡単に言うと、僕を傷つけないため…」 

イ太郎「僕はみんなと違うって気がついて、ショックを受けないようにしてくれてたんだよね」 

叢雲「ええ、そうよ!」 

叢雲「わかってるなら、どうして…!」 

イ太郎「…問題は、そこじゃないんだ」 

叢雲「え?」 

イ太郎「僕と君たちは違うのに、どうして一緒にいたんだろうって、思ったんだ」

イ太郎「僕たち深海棲艦と君たち艦娘は、いわゆる敵対関係にある」 

イ太郎「それなのに、僕は君たちと一緒に、あの鎮守府にいた」 

叢雲「それは、私があなたを拾ってきて…」 

イ太郎「そうだね。前に話してくれたよね」 

イ太郎「本来敵であるはずの僕が、あそこにいれたのはそのおかげだよ」 

叢雲「…」 

イ太郎「でも、それは正しかったのかい?」 

叢雲「…!?」

イ太郎「…ムラクモは、敵であるはずの僕を、どうして助けてくれたんだい?」 

叢雲「だって、あのままじゃあなた、かわいそうで…」 

イ太郎「かわいそう、か…」 

イ太郎「…ともかく、君は僕を拾った」 

イ太郎「そして今まであそこで過ごしてきた。でも…」 

イ太郎「僕は敵なんだろう?何で殺さなかったのさ」 

叢雲「そんなこと、するわけ…!」 

イ太郎「すればよかったじゃないか」 

イ太郎「…他の駆逐イ級みたいに」 

叢雲「!!」

イ太郎「…ムラクモ。他のイ級は殺して、僕は殺さないって、どういうことなのさ」 

叢雲「それは…!」 

叢雲「それは…」 

イ太郎「…僕と他のイ級、本来なら何も違わないはずなんだよ」 

イ太郎「ただ、僕は偶然ムラクモに拾われたから…こうして生きているんだよ」 

イ太郎「でも、仮に他のイ級と僕の立場が逆だったら?」 

イ太郎「その他のイ級が生かされて…僕は君たちに殺される羽目になったかもしれない」 

叢雲「…」 

イ太郎「…要するに、僕たちは何も違わない」 

イ太郎「なのに…どうして、こんなにも違うのか?ってことだよ」 

イ太郎「そしてそれを決めているのは、君たちだ」 

叢雲「…」

イ太郎「そして、君たちの行動は、正しいのかなって、疑問に思ったんだ」 

イ太郎「僕を生かしてきたこと、他の深海棲艦たちは殺してきたこと、僕に色々なことを黙ってきたこと…」 

イ太郎「このことは全部、正しいことなのかい?ムラクモ」 

叢雲「…」 

イ太郎「僕はどうしても納得できない」 

イ太郎「君たちのさじ加減一つで、運命が左右される」 

イ太郎「君たちはそういうことをしてるんじゃないかって、僕は思うんだ」 

イ太郎「だから、君たちのやっていることが、正しいとは思えない…」 

叢雲「イ太郎…」 

イ太郎「…でも、一方で、間違っているとも思わない」 

叢雲「…!」 

イ太郎「そう思う理由は僕にもよくわからない…」 

イ太郎「だから、何が正しくて何が間違っているのか…わからなくなってしまったんだ…」

イ太郎「そして、僕は何も分からなくなって…」 

イ太郎「何が正しいともわからなくなったから…」 

イ太郎「何も、信じられなくなってしまったんだ…」 

イ太郎「テイトクも、アカギも」 

イ太郎「ムラクモ…君もだ」 

叢雲「…っ」 

イ太郎「…そして僕は、どうしようもなくなったんだ」 

イ太郎「鎮守府にも戻れない…みんなと一緒にいるわけにもいかない…」 

イ太郎「どうしたらいいのか、本当にわからなかったんだ…」 

イ太郎「だから、僕は…」 

イ太郎「せめて、深海棲艦として生まれた使命を全うしようと思ったんだ」ジャキン 

叢雲「!!」

叢雲「そ、そんな…!」 

イ太郎「ムラクモ。君にも当然艦娘としての使命があるはずだ」 

イ太郎「だから、君だって僕を攻撃していい」 

叢雲「そんなこと、できるわけないじゃない!!」 

イ太郎「しないというならそこまでだ。僕は容赦しない」 

叢雲「…っ」 

叢雲(…戦うしか、ないの…?) 

叢雲(でも…) 


イ太郎『ムラクモ!』 


叢雲「…だめっ…!」 

叢雲「私には…できない…」 

イ太郎「…だったら、ここでお別れだ」 


イ太郎「…ごめんね」 

ドォォォォォン

叢雲「…」 

叢雲「…あれ?外れたの…?」 

叢雲「…!」 


赤城「…」シュゥゥゥ 

叢雲「赤城さん…!まさか、私をかばって…!?」 

赤城「…叢雲さん」 

叢雲「…な、なに…?」 

赤城「…」バシュンッ 


イ太郎「!!」 

ズドーン 


叢雲「!!な、何を!?」 

赤城「話は聞かせてもらいました」 

赤城「そして、わかったでしょう?」 


赤城「…あの子は、もう私たちの知っているイ太郎ではありません」 

赤城「敵意がある以上、私たちが倒すべき、深海棲艦です…」

叢雲「そんな…!だってあの子は…」 

赤城「あの子なりに色々考えたことがわかったでしょう。もう止めることはできません」 

赤城「これは戦いです。割り切ってください」 

叢雲「そんなこと、できるわけ…!」 

ドーン 

叢雲「!!」 

ザパァ 

赤城「…ほら、このように砲撃だってしてきます」 

赤城「今は外れましたが…何回も続くとは思えませんね」 

赤城「空母棲姫だって、まだいるんです。だから今のうちに…」 

叢雲「でも…!」 

赤城「…」

赤城「叢雲さん、どうしても割り切れないというなら、下がっててください」 

叢雲「え…?」 

赤城「戦意無き者に、戦うことができるわけありません。危ないので、下がっててください」 

叢雲「でも、そんなことしたら、赤城さんがイ太郎を…」 

赤城「下がりなさいっ!!!」 

叢雲「!!」 

赤城「…私一人で、片をつけます」 

叢雲「…」 

ザァァァァ

ドーン ドーン  

バシュンッ ブォォォォォ 

ドカーンドカーン ブォォォォォ ズドドドドドド 

叢雲「…」ザァァァ 

叢雲「情けないわね、私…」 

叢雲「…イ太郎…」 

ザザッ 

叢雲「…」 

提督『こちら司令部。叢雲、応答せよ』 

叢雲「…」 

提督『おい、叢雲』 

叢雲「…」 

提督『…応答しろ』 

叢雲「…何よ」 

提督『無事だな』 

叢雲「…身体はね」 

提督『…話は赤城から聞いた』 

叢雲「…赤城さんから?」 

提督『ああ。きっとつらい気持ちだろうから慰めてやってくれって、さっきな』 

叢雲「赤城さん…」 

叢雲(きっと、助けに来てくれる前に…) 

叢雲「…ねえ、どうしたらいいの?」 

叢雲「私も、イ太郎と同じように、何も分からなくなっちゃった…」 

叢雲「何が正しいのか、何が間違っているのか…」 

叢雲「…何を、信じたらいいのか…」 

提督『…』

提督『叢雲』 

叢雲「…何」 

提督『一つだけ、言っておく』 

叢雲「…」 

提督『お前の信じたいものを信じろ』 

叢雲「…!」 

提督『あとは自分で考えるんだな』 

叢雲「…ええ」 

叢雲「ありがとう、司令官」 

提督『ふっ、礼には及ばん』 

提督『赤城にも感謝しておけよ。すごく心配してたみたいだからな』 

叢雲「…ええ、そうね」

赤城「はぁ…はぁ…」 

イ太郎「…」 

ブォォォォォ ズドドドドド 

赤城(くっ…倒さないで動きを封じるのは難しいわね…) 

赤城(しかも空母棲姫からの攻撃を避けつつ…) 

赤城(矢も残り少なくなってきた…このままでは…) 

ブォォォォォ 

赤城「!!」 

赤城(攻撃機!!しまった、こんなに近く!?) 

赤城(このままじゃ…!) 


ズドドドドドドド 

赤城「…!?」 


叢雲「赤城さん、大丈夫!?」 

赤城「叢雲さん…!」

叢雲「ごめんなさい、もう大丈夫だから…」 

叢雲「…心配してくれて、ありがとう」 

赤城「…何のことですかね」ニコッ 

叢雲「じゃあ、空母棲姫のほうはお願いしていいかしら?」 

叢雲「イ太郎は任せて」 

赤城「ええ…ところで何する気ですか?」 

叢雲「いや、ちょっと…」 


叢雲「一発ぶん殴りに」ザァァァァ 

赤城「え?」

イ太郎(…ムラクモ?戻ってきた…?) 

イ太郎(こっちに向かってくる…砲撃を…)ジャキン 

ドーン ドーン 

叢雲「…ッ!」シュバッ 

イ太郎(避けたか…なら、もう一回!) 

ドーン ドーン 

叢雲「…」 

ザパァ ザパァ 

イ太郎(…しまった、外した…!) 

イ太郎(やっぱり、戦闘には慣れてないから…) 

叢雲「…」ザァァァ 

イ太郎(…ていうか、叢雲どんどん近づいてくる!?) 

イ太郎(射程距離内に入っても、まだ…何で!?) 

イ太郎(と、とにかく砲撃を…)ジャキン 

叢雲「イ太郎ぉぉぉぉぉ!!!」ザァァァ 

イ太郎(!?ち、近…) 

叢雲「歯ぁ食いしばりなさぁぁぁぁい!!」 

イ太郎「えぇ!?」 

ドゴォォォ

イ太郎「痛ッ!何す…」 

叢雲「イ太郎!あんたバカなの!?」 

イ太郎「なっ…」 

叢雲「何が正しいとか、何が間違ってるとか…」 

叢雲「そんなの、誰にもわかるわけないじゃない!!」 

イ太郎「…え?」

叢雲「正しいと思っていても、結果的には間違っていることだってあるのよ!」 

叢雲「その逆も当然あるわ!」 

叢雲「何が正しいかなんて、今はわからない!」 

叢雲「未来になってみないとわからないのよ!」 

イ太郎「…」 

叢雲「だから、私たちにできることは…」 

叢雲「正しいと信じることだけなのよ…!」 

イ太郎「…!」

叢雲「何かを信じないと、何も始まらない!何も変わらない!」 

叢雲「私たちは、ただひたすら何かを信じ、それに従うことしかできないのよ!!」 

イ太郎「…でも、僕は…」 

叢雲「あなただって、本当は私たちを信じたいはず!」 

叢雲「本当に信じられないなら、そんな首飾りとっくに捨てて、あんたは自分が誰だかわからなくしてるはずよ!」 

イ太郎「…!」 

叢雲「それに、あなたの砲撃…」 

叢雲「砲撃に慣れてないってだけじゃない…当てる気がほとんどなかったのよ」 

叢雲「本当は信じたかったから…」 

イ太郎「…」 

叢雲「ねえ、イ太郎…」 

叢雲「…私たちは、何かを信じないといけないのよ」 

叢雲「何かを信じないと、何も変わらないから…」 

叢雲「前に進めないから…」 

イ太郎「…」 

叢雲「だから・・・だから、イ太郎」 

叢雲「何も信じられないなんて、悲しいことを言わないで…」

叢雲「…イ太郎」 

叢雲「ここからは、私の勝手なお願いよ」 

イ太郎「…」 

叢雲「…イ太郎。私は…」 

叢雲「私は、あなたを信じてる」 

叢雲「あなたが、私たちのもとに戻ってくるって…」 

イ太郎「…」 

叢雲「…色々、黙っていて、ごめんなさいね」 

叢雲「だから、今更と思うかもしれないわね…」 

イ太郎「…」 

叢雲「強制はしないわ。あなたには自分の信じたいことを信じてほしい」 

叢雲「…でも、勝手なお願いだけど…」 


叢雲「イ太郎…私を、私たちを、信じて…」 

イ太郎「…」 

イ太郎「ムラクモ…」

イ太郎「…!ムラクモ!危ない!」 

叢雲「…え?」 

ドカァァァァァァン 

叢雲「ぐはっ…!」 

イ太郎「ムラクモ!!」 


赤城「ぐっ…」ボロッ 

赤城「すみません、叢雲さん…」 

赤城「あと一歩、及びませんでした…」 


イ太郎「ムラクモ!しっかり!」 

叢雲「…大丈夫、よ…中破程度、なんてこと…」 

イ太郎「くっ…!」 

イ太郎(この状況…アカギが、まさか…) 

イ太郎(空母棲姫様に、やられたの…?) 


空母棲姫「…」ニヤリ

空母棲姫「ヤァ…ムラクモ、ダッタカナ?」 

叢雲「…」 

空母棲姫「残念ダッタナ…モウ少シデ夜ニナル…ソウスレバマダチャンスガアッタノニナア」 

空母棲姫「アカギト合ワセテ二隻ダッタノニ、ヨク頑張ッタジャナイカ」 

空母棲姫(…シカシ、援軍ヲ呼ンダハズダガ、来ナカッタナ…) 

空母棲姫(奴ラノ他ノ艦隊ト鉢合ワセシタカ…?来レバココマデ時間ガカカラナカッタノダガナ) 

空母棲姫(…マアイイ、ソレヨリモ…) 

叢雲「…」 

空母棲姫「サテ、ソロソロトドメダ」 

空母棲姫「オイ、イ級」 

イ太郎「!!」 

空母棲姫「ムラクモハオ前ガ処分シテオケ」 

イ太郎「え…!?」

空母棲姫「私ハ、アカギノホウヲ処分シテオク。ソノ間ニ、オ前ハ魚雷デモ使ッテ処分シテオケ」 

イ太郎「ぼ、僕が…?」 

空母棲姫「デキルダロウ?オ前モ我ラノ一員ダ。ソノクライ…」 

イ太郎「一員…」 

イ太郎「…僕は…」 


『せめて、深海棲艦として生まれた使命を全うしようと思ったんだ』 


イ太郎「…」 


『イ太郎…私を、私たちを、信じて…』 


イ太郎「…」 

イ太郎「…僕は」 

ガシャン 

シュパァァァァ ズドォォォォォォォン

空母棲姫「…」シュゥゥゥゥ 

イ太郎「…」 

空母棲姫「…ナア、イ級」 

空母棲姫「マサカ、貴様ハ狙イモ定メラレナイ無能ダッタノカ?」 

イ太郎「…狙いが定められない?」 

イ太郎「とんでもない…大当たりだ」 

空母棲姫「…!」 

空母棲姫「貴様…!」 

イ太郎「…僕は、僕が信じたいものを信じて突き進む…」 

イ太郎「僕は!」 

イ太郎「ムラクモを、みんなを信じて!!共に帰る!!」

空母棲姫「貴様…裏切ルトイウノカ!?」 

イ太郎「そうだ…僕はあなたを信じられない」 

イ太郎「あなたに従っていても、何もよくならない気がしてね」 

空母棲姫「…フン、愚カ者メ」 

空母棲姫「イイダロウ。貴様カラ殺シテヤル…!」ギロッ 


ヒュンヒュンッ ブォォォォォ 

ドカーン ドカーン 

叢雲「イ太郎!」 

イ太郎「大丈夫!ここは僕がどうにかする!ムラクモは休んでて!」 

叢雲「でも、無茶よ!」 

イ太郎「ムラクモはあまりうまく動けないんでしょ!?僕が囮になるから!」 

叢雲「イ太郎…」

イ太郎(まずは、できるだけムラクモたちから引き離す…!)ザァァァ 

空母棲姫「ホラホラッ!ドウシタ!?」ヒュンヒュンッ 

イ太郎(…しかし、相手は空母…艦載機を飛ばせばいいから、あまり近づいてこない…) 

イ太郎(どうする…?) 

イ太郎(…そういえば、もうあたりが暗くなってきた…) 

イ太郎(でも、夜でもあの人は当ててくるしな…恐ろしいな) 

イ太郎(…) 

イ太郎(…夜、か…) 

イ太郎「一か八か…!」 

ザァァァァ

空母棲姫(フム…ヤハリ夜戦ハ苦手ダナ) 

空母棲姫(シカシ、相手ハ所詮駆逐艦…一撃デモ当テレバ沈ム…) 

空母棲姫(数撃テバ、イズレ当タルダロウ) 

空母棲姫(…ムラクモトアカギハソノ後デ始末ダナ) 

空母棲姫(今ノウチニ逃ゲラレルカモシレンガ…奴ラハドチラモ中破状態。ウマク逃ゲラレマイ) 

空母棲姫(逃ゲキル前ニ我々ノ仲間ニ見ツカルハズ…危惧スル必要ハナイ) 

空母棲姫(…ソレニシテモ、マダ当タランノカ) 

空母棲姫(昼ト違ッテ、自分デ確認デキンカラナ…状況ガウマクツカメン) 

空母棲姫(ダガ焦ル必要ハナイ。奴ニ何ガデキルワケデモナ…) 

ゴッ 

空母棲姫「ンナッ!?」ドガッ

空母棲姫(ナ、ナンダ?後ロカラ…押サレタ?) 

イ太郎「ふふん、間抜けなものだね。ここまで接近を許すなんて」 

空母棲姫「!!貴様…!」 

イ太郎「いくら夜で見えづらいからって、体当たりされるまで気づかないなんて…」 

イ太郎「空母棲姫ともあろうお方が、駆逐艦に後れを取るとはねぇ」 

空母棲姫「ダマレェ!!」ヒュンッ 

ドカーン 

イ太郎「うおっと!!」シュバッ 

空母棲姫「…ソウカソウカ…」 

空母棲姫「デハ、接近シテ貴様ヲ確実ニトラエ、屠ッテクレル!」 

イ太郎(!!かかった!) 

空母棲姫「ホラホラァ!!」ヒュンヒュンッ 

ドカーンドカーン 

イ太郎(よし、冷静さを欠いて、接近している!挑発が多少なりとも効いたようだ…) 

イ太郎(…でも、これからどうしよう?)ザァァァァ

イ太郎(これで、相手が当てやすくなったのも事実…避けるのもたやすくなくなる) 

イ太郎(夜戦火力で言えば、駆逐艦の方が上、のはずなんだけど…) 

イ太郎(…それは、後期型やエリート、フラグシップ級での話) 

イ太郎(ただの駆逐イ級の僕に、あの人を倒す武器も、能力もない…) 

イ太郎(どうする…?) 

ドカーン 

イ太郎「ぐっ…!」 

イ太郎(かすった・・・!それでもそれなりのダメージ…やはり一発でもくらえばアウトだ) 

イ太郎(悩んでても仕方ない!できるだけの攻撃をしよう!)ジャキン 

ドーンドーン 

空母棲姫「…フン」ニヤリ 

イ太郎(くそっ…まるで効いてない)

イ太郎(アカギとの戦いでそれなりにダメージは受けてるみたいだけど…) 

イ太郎(それでも、僕一人でどうにかできるような状況じゃない…) 

イ太郎(…そういえば、『カットイン』って呼ばれる攻撃方法があるって聞いたな…) 

イ太郎(駆逐艦でも、戦艦、空母を一撃で倒せるくらい強力だって…) 

イ太郎(せめて、それができれば…でも、僕の装備じゃ…) 

ドカーン 

イ太郎「くっ…!」シュバッ 

空母棲姫「フフフ、ドウシタ?サッキマデノ威勢ハ」 

イ太郎(狙いがよくなってきてる…やられるのも時間の問題!) 

イ太郎(何か、打開策はないのか…!?)

叢雲「イ太郎…」 

赤城「叢雲さん、大丈夫ですか?」ザァァァ 

叢雲「ええ…でも、赤城さんもボロボロじゃない…」 

赤城「まあ、中破程度なら大丈夫ですよ」 

赤城「…どちらにしろ、もう夜です。私はもうどうにもできません…」 

叢雲「なら、私がどうにかしないと…」 

赤城「今、どこにいるかわかりますか?」 

叢雲「さっきまで少し見えたんだけど、見失って…」 

赤城「そうですか…」 

ドカーン ドカーン 

叢雲「!今の音!」 

赤城「あっちからですね…!」 

叢雲「行ってくる!赤城さんはここで待ってて!」 

赤城「…どうか、お気をつけて」

イ太郎「はぁ…はぁ…」 

空母棲姫「ハハハ、疲レ果テタヨウダナ。動キガ悪イゾ?」 

イ太郎「くっ…」 

空母棲姫「正直ココマデ粘ルトハ思ワナカッタ。褒メテヤロウ」 

空母棲姫「シカシココマデノヨウダナ…」 

イ太郎「…」ジャキン 

ドーン 

空母棲姫「…愚カナ…マダ抵抗スルトイウノカ」 

空母棲姫「…コレデ、終ワリダ…」 

ヒュンッ 

イ太郎「…!」 

イ太郎(もう、駄目…) 

イ太郎(避けられ、ない…) 

ドカァァァァン

ザァァァァ 

叢雲「…イ太郎!イ太郎!」ザァァァ 

空母棲姫「来タカ、ムラクモ…」 

叢雲「空母棲姫…!」 

叢雲「イ太郎はどこよ!?」 

空母棲姫「アノ駆逐イ級ナラ、ホラ、ソコニイルゾ…」ニヤリ 

叢雲「…」 

叢雲「…え?」 

叢雲「イ太郎…?」 


イ太郎「…」ゴポポ 


叢雲「そんな!ダメ!!沈まないで!!」 

叢雲「イ太郎ーーー!!!」 


ゴポ…

叢雲「貴様…貴様ぁーっ!!!」ジャキン 

空母棲姫「オット」ヒュンッ 

ドカーン 

叢雲「くっ…!」シュバッ 

空母棲姫「動クンジャナイ…オ前モ奴ト同ジ所ヘ送ッテヤル」 

ヒュンヒュンッ 

ズドドドドドド ドカーンドカーン 

叢雲「くそっ!身動きが…!」 

叢雲(あいつ…あいつだけは、絶対に許さない!!) 

叢雲(絶対に倒して…) 

ブォォォォォ 

叢雲「…!」 

叢雲(まずい、このままじゃ…!) 

叢雲(…イ太郎…)


────────── 

────── 

─── 

ゴポ… 

イ太郎(…ここは…?) 

イ太郎(…水の、中…?) 

イ太郎(そっか…僕…) 

イ太郎(…このまま、死んじゃうのか…) 

イ太郎(ムラクモ…アカギ…) 

イ太郎(二人とも、無事かな…?) 

イ太郎(…でも、ダメだ…) 

イ太郎(僕が、倒しきれなかったから…) 

イ太郎(あのままじゃ、やられるのも…)

イ太郎(…嫌だ) 

イ太郎(ムラクモが、アカギが…) 

イ太郎(みんながやられるのなんて、嫌だ…!) 

イ太郎(守りたい…みんなを!) 

イ太郎(…でも、どうしようも…) 

イ太郎(僕は、このまま…) 

イ太郎(…) 

イ太郎(…ムラクモ、ごめんね…) 


パァァァァ 

イ太郎(…何?) 

イ太郎(光…?)

イ太郎(何が光って…) 

イ太郎(…これは、ムラクモが僕にくれた、首飾り…) 

イ太郎(…どうして…?) 


イ太郎『ねえムラクモ。この首飾りの紋様って…』 

叢雲『え?…ああ、それね』 

叢雲『花の紋様が入ってるのよね』 

イ太郎『これ、何の花だっけ?』 

叢雲『えっと、なんだったかしら…あいつが何か言ってたけど…』 

叢雲『…そう、確かラッパスイセンよ』 

イ太郎『へぇ…どんな花だろ?』 

叢雲『さぁ…私も見たことないわね』

叢雲『ちょっと図鑑で見てみましょうか』 

イ太郎『そうだね』 


叢雲『…あ、あったわよ。ほらこれ』 

イ太郎『えーと…西ヨーロッパからイギリス、ドイツなどにかけて分布…』 

イ太郎『…どこ?それって』 

叢雲『ずーっと遠い国よ』 

イ太郎『へぇー…よくわかんないや』 

叢雲『そうね…私もよく知らないわ』 

イ太郎『…ん?この「花言葉」って何?』 

叢雲『ああ。花にはそれぞれ花言葉っていうのがあって、それぞれの花が何を象徴しているか表しているの』 

イ太郎『へぇー』

イ太郎『で、このラッパスイセンの花言葉は…』 

叢雲『えーっと、「尊敬」、「報われぬ恋」…』 

イ太郎『え、何個もあるの?』 

叢雲『そんなもんなのよ、花言葉って』 

イ太郎『ふーん、そうなんだ』 

叢雲『あら、こんなのもあるわよ』 

イ太郎『ん?えーと…』 


『復活』『再生』 


イ太郎(…もしかして…) 

イ太郎(…いや、きっとそうだ…) 

イ太郎(…テイトク、ムラクモ…) 

イ太郎(…ありがとう) 


パァァァァ

叢雲(このままじゃ…!) 

空母棲姫「フハハハ!ソノママ沈メェ!!」 

叢雲(…そんな…) 

叢雲(イ太郎…) 


ドカァァァァン 


叢雲「…」 

叢雲「…?」 

叢雲「あれ、なんともない…」 

叢雲「…!」 

空母棲姫「バ、バカナ…」 

空母棲姫「何故・・・!?」 

空母棲姫「ソレニ、ソノ光ハ…?」 



イ太郎「…」シュゥゥゥゥ

叢雲「イ太郎、あなた…」 

イ太郎「…大丈夫かい?ムラクモ」 

叢雲「え、ええ…」 

イ太郎「そうかい、よかった…」 

空母棲姫「…ヨクワカランガ、モウ一度沈メテヤル!!」ヒュンッ 

ドカーン 

叢雲「…ッ!」 

叢雲「イ太郎…!」 

空母棲姫「フハハハ!!モロダ!コンドコソ…!」 

空母棲姫「…何ダト…!?」 


イ太郎「…」シュゥゥゥゥ

空母棲姫「馬鹿ナ…!確カニ喰ラッタハズダ!!」 

イ太郎「…」 

ザァァァ 

空母棲姫「!!」 

ゴッ 

空母棲姫「ナッ!マタ…」 

イ太郎「二回も体当たりされるなんて…」 

イ太郎「やっぱり、間抜けだね」 

空母棲姫「…!」 

ヒュンヒュンッ 

イ太郎「!!」 

ドカーンドカーン 

空母棲姫「ダマレェ!!コノ死ニゾコナイガァ!!」 

イ太郎「…ははは、そんな攻撃効かないよ」 

空母棲姫「…!オノレ…」

叢雲「イ太郎!」 

イ太郎「ムラクモ、僕が奴を引き付ける。だから・・・」 

叢雲「でも、そんなことしたら、また…!」 

イ太郎「ムラクモ…!」 

叢雲「!!」 

イ太郎「…」 

叢雲「…」 

叢雲「…ええ、わかったわ」 

イ太郎「頼んだよ…」 

ザァァァ 

空母棲姫「逃ガスカ!!」 

ザァァァ 

叢雲「…」

叢雲(イ太郎…どうして?) 

叢雲(ダメコンなんて積んでないはずなのに…) 

叢雲(それに、あの光…あの首飾りの紋様から…) 

ザザッ 

提督『こちら司令部。叢雲、無事か?』 

叢雲「…ええ。無事だけど…」 

提督『どうかしたか?』 

叢雲「イ太郎が…」 

提督『!イ太郎がどうかしたのか!?』 

叢雲「えっと、実は…」

提督『…なるほどな』 

叢雲「あの首飾り、あんたがくれたはずよね。どういうことよ?」 

提督『…あれをお前に渡した時、普通のものではないと言っただろう』 

叢雲「…そういえば」 

提督『あれは、開発部が開発したが…上層部によって生産は停止された特殊な装備だ』 

叢雲「装備…?」 

提督『効果が発動されるのは、轟沈したとき』 

提督『復活し、たちまち体力が回復する』 

叢雲「まあ、ダメコンと同じよね」 

提督『まあ、ここまではな』

提督『効果はもう一つある』 

提督『それは…再生』 

叢雲「!!」 

提督『ダメージを受けると、すぐさま元に戻る』 

提督『イ太郎が攻撃を受けても無事だったのは、そのためだ』 

叢雲「なるほど・・・」 

叢雲「でも、そんなすごい装備、どうして生産が停止に…」 

提督『…いいことばかりじゃないんだ』 

叢雲「え…?」

空母棲姫「コノッ!!」ヒュンヒュンッ 

ドカーンドカーン 

イ太郎「…」シュゥゥゥ 

空母棲姫「クソッ…」 

空母棲姫(…シカシ、何故コイツハ攻撃シテコナインダ…?) 

空母棲姫(サッキマデハ、アンナニ攻撃ヲシテイタトイウノニ…) 

イ太郎「…」 

空母棲姫(…!マサカ…) 

空母棲姫「…ソウカ、貴様…」 

空母棲姫「…兵装ガ、ナイナ?」 

イ太郎「…」

提督『復活した際、その艦は艤装を失う』 

叢雲「なっ…!」 

提督『つまり、あの首飾りは、艦娘のベースとなった人間を、どうしても生かしたいというためだけに作られた』 

提督『水上走行能力だけは残るが…それもしばらくすれば消える』 

提督『上層部は、そこまでしてベースの人間を生かしたいとは思っていない。そうするなら金や労力を別に回したほうが良いと思っている』 

提督『それで生産停止になったわけだが、試作品として作ってあったのを俺が買い取ったわけだ』 

叢雲「…なるほど、わかったわ」 

提督『…ちなみに、もう一つ注意すべき点がある』 

叢雲「え?」 

提督『…時間だ』

イ太郎「…」シュゥゥゥ 

空母棲姫「コノ…コノ…!」 

イ太郎(…ここまでやっても、なかなか隙が無い…) 

イ太郎(何かいい手は…) 

スゥゥゥゥ 

イ太郎「!?」 

イ太郎(く、首飾りの光が消え始めている!?) 

イ太郎(どういうこと…?) 

イ太郎(…予想されることは、ただ一つ…) 

イ太郎(きっと、この再生する能力の時間切れが近いんだ!)

イ太郎「くっ…!」 

イ太郎(どうする!?隙が作れないんじゃ…どうしようも…) 

イ太郎「…」 

スゥゥゥゥ 

イ太郎(…いや、まだだ) 

イ太郎(やるしか、ない…!)

ザァァァァ 

イ太郎「…」 

空母棲姫(何ダ?マタ近ヅイテ…) 

空母棲姫(マタ体当タリカ?兵装ガナイトハイエ…ナメテイルノカ?) 

空母棲姫(ヨクワカランガ、今、奴ノ体ハ発光シテイル…アテルコトハタヤスイ) 

空母棲姫(…私トシテハ、策ガモウナイ…ムラクモタチヲネラッテモ邪魔ヲサレルダケダ…) 

空母棲姫(ドウシヨウモナインダッタラ、奴ニ攻撃ヲ浴ビセ続ケテヤル!!) 

ヒュンヒュンヒュンッ 

ドカーンドカーンドカーン 

イ太郎「…っ!!」

イ太郎「くっ…」 

イ太郎(ひるむな…!突っ切るんだ!) 

ドカーンドカーン 

スゥゥゥゥ 

イ太郎(早く…早く…!) 

イ太郎(届け…!) 

イ太郎「届ええええええええええ!!」 

ザァァァァ 


フッ 

イ太郎「!!!」 

イ太郎(光が…消え…) 

ドカーンドカーン

イ太郎「がっ…」 

空母棲姫「ハァ…ハァ…」 

空母棲姫「手コズラセオッテ…」 

空母棲姫「光ガ消エタヨウダガ…オ前ノ不死身ノ正体ハソレダッタカ」 

イ太郎「そん、な…」 

空母棲姫「残念ダッタナ…光ガ消エル前ニ体当タリデキテイレバ、モウ少シ生キレタノニナァ…」 

イ太郎「…」 

空母棲姫「ズイブン近ヅカレタガ…結果トシテ、私ノ勝チダ」 

空母棲姫「貴様ノ負ケダ…」ニヤリ 

イ太郎「…」

空母棲姫「駆逐艦ゴトキガ、私ニ歯向カウカラコウナルノダ」 

空母棲姫「雑魚ハ雑魚ラシク、私ニ従ッテイレバヨカッタノダ」 

空母棲姫「特ニ貴様ノヨウナ奴ハナ…」 

イ太郎「…」 

空母棲姫「ナンニセヨ、貴様ハモウ終ワリダ」 

空母棲姫「ココデ負ケテ…死ネ」 

イ太郎「…」 

イ太郎「…いや」 

イ太郎「…負けたのはあなただ」 

空母棲姫「ハ?」 

空母棲姫「何ヲ言ッテ」 

ズドォォォォォォォン

空母棲姫「…」 

空母棲姫「ナ…?」 

空母棲姫(バカナ…後ロカラ…?) 

空母棲姫(イッタイ…) 


叢雲「…」 


空母棲姫「ム、ムラクモ…?」 

空母棲姫「ドウイウ、コトダ…?」

叢雲「…私を中破状態までで止めたことが運の尽きよ」 

叢雲「私を、夜戦できるようにしたことがね…」 

空母棲姫「ダカラト言ッテ、私ヲ、コンナ…」 

叢雲「…『カットイン』を、知っているでしょう?」 

空母棲姫「…!」 

叢雲「条件をそろえることで、相手に強力な一撃を喰らわれることができる攻撃…」 

叢雲「それをやっただけよ」 

空母棲姫「ナ…」 

空母棲姫「何故、ソノヨウナ確率ガ低イコトヲ…」

叢雲「そうね…普通なら、高いとは言えないわね」 

叢雲「でも、その確率を底上げしてくれたから…」 

空母棲姫「ドウイウ、コトダ…」 

叢雲「…さっき、何故イ太郎があんたに近づいたか、わかっていないようね」 

叢雲「あの光…あの光のおかげで、あんたの正確な位置がわかって、隙をついて攻撃できた…」 

空母棲姫「…マサカ!アノ光ヲ、探照灯代ワリニ…!?」 

叢雲「…あんたは、私たちを甘く見ていた…」 

叢雲「どう?さっきまで馬鹿にしていた駆逐艦にやられた気分は」 

空母棲姫「…!」 

叢雲「…もう、どうもしないわ」 

叢雲「そのまま、沈んでいきなさい」 

空母棲姫「…」 

ゴポ…

────────── 

────── 

─── 

叢雲「イ太郎!イ太郎!」 

イ太郎「ムラクモ…?」 

叢雲「イ太郎!しっかりして!」 

イ太郎「…だめだよ」 

叢雲「え…?」 

イ太郎「…自分でわかる」 

イ太郎「もう、僕は…」 

叢雲「そんな…!」

イ太郎「…ごめん、ムラクモ。一緒に帰れないみたいだ…」 

叢雲「いやよ、絶対いや!!」 

叢雲「だって…!」 

イ太郎「…ムラクモ。僕、君たちを守れたかな…?」 

叢雲「当然じゃない!」 

叢雲「あなたがいなかったら、私、今頃…!」 

イ太郎「そっか…よかった」 

イ太郎「それなら、よかった…」

赤城「…イ太郎」ザァァァ 

イ太郎「やあ…アカギも、無事みたいだね…」 

赤城「…ごめんなさい」 

赤城「私は、あなたに…!」 

イ太郎「…いいんだよ、アカギ」 

イ太郎「わかってる…ちゃんとわかってるから…」 

イ太郎「あのおかげで、ちゃんと叢雲と話すことができたから…」 

イ太郎「ありがとう、アカギ…」 

赤城「…!」 

赤城「ありがとう、ございます…」

イ太郎「…ムラクモ」 

叢雲「…ええ」 

イ太郎「君を…君たちを信じてよかった」 

イ太郎「まだこのことが正しいかどうかなんてわからない…でも」 

イ太郎「君のおかげで、僕は大切なことに気が付けた」 

イ太郎「だから・・・」 

イ太郎「…ありがとう」 

叢雲「…っ」 

叢雲「お礼を言うのはこっちよ、バカ…!」 

叢雲「ありがとう、イ太郎…」 

イ太郎「…」

イ太郎「…ムラクモ、この首飾り…」 

叢雲「…?」 

イ太郎「…もう何の効果もないと思うけど…」 

イ太郎「どうか…持っててほしいんだ」 

叢雲「…ええ、わかったわ」 

ジャラッ 

イ太郎「はは…これで、他のイ級と見分けがつかなくなっちゃった」 

叢雲「…いいえ、わかるわ」 

叢雲「今なら…あなたのことが」 

イ太郎「…そっか」

イ太郎「…そろそろ、限界かな」 

叢雲「そんな…っ」 

叢雲「そんなことって…!」ポロポロ 

赤城「…っ」 

イ太郎「二人とも、そんな顔しないでよ…」 

イ太郎「死ぬのが…つらく、なっちゃうじゃないか…」ポロポロ 

叢雲「…イ太郎」 

イ太郎「はは…僕たちも、泣くんだね…」 

イ太郎「…きっと、普通に駆逐イ級として過ごしていたら、こんなこと知らなかった」 

イ太郎「僕に大切なことを教えてくれた…ムラクモ、アカギ、テイトク、みんな…」 

イ太郎「…本当に、ありがとう」

イ太郎「…もしも」 

叢雲「…?」 

イ太郎「もしも…みんなと同じ艦娘だったら…」 

叢雲「…」 

イ太郎「…こんなこと考えても、しょうがないね…」 

イ太郎「…じゃあね、ムラクモ、アカギ…」 

叢雲「イ太郎!」 

赤城「イ太郎…!」 

イ太郎「信じてくれて…ありがとう…」 

ゴポ… 



叢雲「イ太郎…!イ太郎!!」 

赤城「…っ」 

叢雲「…」 


叢雲「こっちこそ…信じてくれて…ありがとう」

後日 


提督「だーっ!!畜生!!」 

叢雲「荒れてるわね…はいお茶」コトッ 

提督「おおありがとう。ったくよー・・・あいつら頭硬すぎんだろ」ズズッ 

叢雲「あんたがもっとしっかり説明すればいいんじゃないかしら」 

提督「いや、限界があるからな…こればっかりは」 

叢雲「…そうね」 

提督「まあ深海棲艦との交渉…突っぱねたくなるのも確かだよな」 

叢雲「でも実例あるし…」 

提督「公にするわけにもいかんからな」

叢雲「…ねえ」 

提督「…何だ?」 

叢雲「あんたは、イ太郎と過ごしたこと…間違いだったと思う?」 

提督「何だ藪から棒に」 

叢雲「いいから、答えなさい!」 

提督「…少なくとも、間違っていたとは思わん」 

提督「こうやって、深海棲艦の別の攻略法の糸口が見つかったわけだし」 

提督「それに・・・」 

叢雲「それに?」 

提督「誰かさんも、成長したみたいだしな」 

叢雲「…」

バンッ 

赤城「提督!今日お昼奢る約束でしたよね!?」 

提督「あれ、今日だったか?」 

赤城「今日でしたよ!さあ、行きますよ!」グイグイ 

提督「あ~れ~」ズリズリ 

叢雲(また財布が軽くなるわね…) 

提督「あ、叢雲も来る?」 

叢雲「私はいいわ…いってらっしゃい」 

赤城「それは残念」 

叢雲(見てるだけで胸焼けしてくるし…)

提督「あ、そうだ叢雲」 

叢雲「何よ」 

提督「今日、新しい艦娘が来る。あとで執務室に来るはずだから、鎮守府でも案内してやってくれ」 

叢雲「いいけど…あんた、会わないの?」 

提督「もう会ったよ。初めてみる顔だったな」 

赤城「私もお会いしました」 

叢雲「へー…」 

提督「でも…」 

叢雲「ん?」 

提督「何か…前にどっかであった気がするんだよな…」 

赤城「提督もですか?私も、初対面のはずなのに、どこかで会ったような…」 

叢雲「じゃあどこかで会ったんじゃない?」 

提督「えぇ…」 

提督「まあいいや。頼んだぞ」 

叢雲「はーい」

叢雲「新しい子か…」 

叢雲「どんな子かな…」 

叢雲「…そういえば、艦種何かしら」 

叢雲「戦艦や空母相手だとちょっとやりづらいのよね…同じ駆逐艦だといいんだけど」 

コンコン 

叢雲「ん、来たかしら」 

叢雲「どうぞ、入っていいわよ」 

ガチャッ 

叢雲「あら、あなたが今日から…」 

叢雲「…!」 

叢雲「あなた…」 

叢雲「…」 

叢雲「…いいえ、何でもないわ」

叢雲「新人さんね。私は叢雲。よろしく」 

叢雲「わからないことがあったら何でも聞いてね」 

叢雲「艦種は、その様子だと駆逐艦ね。駆逐艦は他にもたくさんいるから、仲良くしてね」 

叢雲「…ねえ、あなた、何が正しいとか間違ってるかって、考えたことある?」 

叢雲「…ごめんなさい、変なこと聞いて…別に答えなくても…」 

叢雲「…」 

叢雲「…そう、そうね…私も同じ考えよ」 

叢雲「…そうだ、新人さんにプレゼントをあげるわ」 

叢雲「…っと、ここに…あったあった」ゴソゴソ 

叢雲「はい。首飾りよ。ちょっと紋様が大きいけど…」 

叢雲「かけてあげるわ。…うん、いいわね、似合ってるわ」 

叢雲「気に入った?そう…よかった」

叢雲「さて、じゃあ鎮守府を案内してあげるわ」 

叢雲「最初は、どこがいいかしら…」 

叢雲「工廠…今入れるかしら」 

叢雲「間宮…何か忙しいって聞いたし…」 

叢雲「…え?何?」 

叢雲「…倉庫に行ってみたい?あなた変わってるわね」 

叢雲「いえ…いいわ。連れて行ってあげる」 

叢雲「ほら、行くわよ!遅れないでね!」



叢雲「さあ、私についてらっしゃい!」 




提督「倉庫から物音?」 完


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437223158/