シンジ「やだ」

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q-プラグスーツver.-

アスカ「はあぁぁぁぁ!?なんでよ!この私がキスしてやるって言ってんのよ!」 

シンジ「嫌なものは嫌なんだよ。ほら、ご飯作らなきゃいけないからペンペンとでも遊んでてよ」 

アスカ「待ちなさいよ」 

シンジ「んもー、どいてってば」

アスカ「理由を言うまでぜええぇったいどかない!」 

シンジ「理由って?」 

アスカ「私とキスしたくない理由に決まってんでしょ!こんな美少女がキスしよ?って言ってんのよ。それで断るとかあんたホモなの?」 

シンジ「ホモじゃないよ!単純にアスカが好みじゃないだけだよ」 

アスカ「」

アスカ「は?はぁ?はああぁぁぁぁぁ!?あんた、正気なの?こんな美少女なのよ?」 

シンジ「まず、自分を美少女って言っちゃう人は好きじゃないよ。それに……」 

アスカ「それに……なによ」 

シンジ「アスカって面は良いけど中身最悪じゃん。理不尽にキレるし、すぐ暴力振るうし我儘だし、他に代表作らしい代表作ないし」 

アスカ「な、中の人は関係ないでしょ!なによ、ちょっと出演作品が多いからって良い気になって!それじゃあ、あんたの好みは何なのよ!」 

シンジ「アスカと正反対な人」

アスカ「やっぱりホモじゃない!」 

シンジ「違うって言ってるじゃないか!どうしてそうなるんだよ!」 

アスカ「私と正反対って言ったら【性別も反対】って事じゃない。つまり、ホモよ」 

シンジ「それは違うよ!流石に性別まで反対じゃないから!」

アスカ「じゃあ、そんな大雑把に言わないで、もう少し細かく言いなさいよ」 

シンジ「早くご飯作りたいんだけど……言わなきゃダメなんだろうなぁ」 

アスカ「ほら、早くしなさいハリーハリーハリー!」 

シンジ「えーと、まずアスカと違って髪が長くなくて」 

アスカ(要はショートヘアって事ね) 

シンジ「アスカと違ってすぐ怒らなくて」 

アスカ(穏やかな人って事かしら) 

シンジ「アスカと違って我儘じゃなくて」 

アスカ「……ねえ、シンジ」 

シンジ「何?まだ、言いたい事あるんだけど」 

アスカ「いちいち、私と違って っていうのを入れないでもらえる?」 

シンジ「なんでさ」 

アスカ「その……いちいち言われると……なんていうか、いくら私でも……その……流石にちょっとくらい傷つくのよ///」プィッ 

シンジ(かわいい)

シンジ「コホン……続けるね。それでアスカと違って」 

アスカ「んもー!んもー!んもー!」ジタバタ 

シンジ(かわいい)

アスカ「次やったら引っぱたくからね!」 

シンジ「そうやってすぐ手が出るところがなぁ……」 

アスカ「何か言った?」 

シンジ「ナンニモイッテナイヨ」 

アスカ「それじゃ、続けなさい。まだあるんでしょ?」 

シンジ「う、うん。それでアスカと(ry 暴力を振るわない人で笑顔がステキな人かな」

アスカ(纏めると、髪は短めで基本大人しい……優しいって言い換えてもいいかもね。それで、暴力を振るわなくて笑顔がステキな人か……)ウーン 

アスカ(ミサトは……髪は短くないわね。リツコは短いけど……そもそも2人とも年がアレだから除外ね。あと候補は……あ) 

アスカ「やっぱりホモじゃない!」 

シンジ「だから、なんでそうなるんだよ!流石に、アスカの頭が心配になってくるよ!」

アスカ「だって、考えてもみてごらんなさいよ」 

シンジ「え?」 

アスカ「髪が短くてぇ、大人しめでぇ、暴力を振るわなくてぇ、笑顔がステキ?まあ、イケメンではあるわね。つまり、カヲルでしょ、このホモ共め!」 

シンジ「失礼な!カヲル君は確かにホモだけど僕はノンケだから!」 

アスカ「ホントにノンケなら、まずノンケって単語自体知らないわよ!」

シンジ「じゃあ、なんでアスカは知ってるのさ」 

アスカ「うぇっ!?そ、それはその……ヒ、ヒカリが私にそういう本をね……その」 

シンジ(委員長ェ……) 

シンジ「と、とにかく僕は至ってノーマルだよ。確かにカヲル君は素敵だと思うけど、あくまで親愛であってそれ以上でも以下でもないから」

アスカ「じゃあ、一体誰なのよ」 

シンジ「ええー、言わなきゃダメ?此処まで言ったんだから、ヒントで分かりそうなものじゃない?」 

アスカ「ダメよ」 

シンジ「……み」 

アスカ「聞こえないわよ!」 

シンジ「綾波だよ、綾波!僕は綾波が好きなんだ!」

シンジ「あの吸い込まれそうな瞳!普段はクールなのにふとした瞬間に見せる笑顔!そして、あの魅了されそうな声!あんな声で碇君と居るとポカポカするの……とか言われたら普通落ちるよ!」 

アスカ「ふ、ふーん……ず、ずいぶんエコヒイキの事見てんのね。んで?当然、告白はしたのよね?」 

シンジ「し、してない……」 

アスカ「はぁ?そんな好きなのに告白もしてないの?あんた、ばかぁ?」 

シンジ「仕方ないじゃないか!綾波と一緒になると緊張して頭が真っ白になるんだから!ぼ、僕は一緒に居るだけで幸せなんだよ!」

アスカ「…………はっ!エコヒイキも可哀そうに。こんな告白も出来ないヘタレに好かれるなんて。ま!所詮、その程度の女って事ね」 

シンジ「僕の事はいくらでも罵っても良いけど、綾波の事は悪く言わないでよ!」 

アスカ「何度でも言ってやるわよ!エコヒイキは、ヘタレシンジに好かれる程度のしょぼい女ー!人形みたいで気持ち悪い!」 

シンジ「こ、この……!」 

アスカ「何よ、その手は。殴るの?女の子を?ヘタレのアンタが?はっ、ちゃんちゃらおかしいわね」 

シンジ「ぐ……っ」 




アスカ「私を殴る勇気があるなら、さっさとエコヒイキに告白すればいいじゃない!」 

シンジ「だ、だって……振られたらいやだし……」 

アスカ「……はぁー。いーい?敵に塩送る真似したくないんだけど、あんたのヘタレっぷりを見てるのが嫌だから教えるわね」 

シンジ「な、何を教えるって言うんだよ……」 

アスカ「エコヒイキもアンタの事が好きだってさ」 

シンジ「」 

シンジ「は?え?は?」 

アスカ「この間、相談されたのよ。私、碇君の事好きみたいだから、どうすればいい?ってね。良かったじゃない、両想いよ」

シンジ「……」 

アスカ「ほら、何ボーっとしてんのよ」 

シンジ「え?」 

アスカ「え?じゃないわよ、行きなさいよ。今、告白に行かなくていついくの。今でしょ!」 

シンジ「……!分かった!ありがとう、アスカ!」バタバタ 

アスカ「…………行ったわね。まったく、世話掛けさせんじゃないわよ」ポフッ 

アスカ「バカシンジのバーカ……」 

カヲル「今日は飲もうか」 

アスカ「どっから湧いて出たホモ」 


おしり

アスカ大勝利SSかホモSSしか見ないからたまには綾波SSを書いてみたかった。 


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423564011/